世界の“水環境”について考える…アヴェダ アースデー月間2015開催

最新ニュース

「アヴェダ(AVEDA)」のオーガニック アロマ キャンドル“希望の光”-LIGHT THE WAY- 「アースマンス キャンドル 2015」(1,512円)。「アヴェダ アースデー月間」の活動の一環として販売され、売り上げはすべて40か国以上で実施される地域密着型水プロジェクトのサポートに使われる。
  • 「アヴェダ(AVEDA)」のオーガニック アロマ キャンドル“希望の光”-LIGHT THE WAY- 「アースマンス キャンドル 2015」(1,512円)。「アヴェダ アースデー月間」の活動の一環として販売され、売り上げはすべて40か国以上で実施される地域密着型水プロジェクトのサポートに使われる。
自然派化粧品ブランド「アヴェダ(AVEDA)」は、4月2日(木)より、オーガニック アロマ キャンドル“希望の光”-LIGHT THE WAY- 「アースマンス キャンドル 2015」(1,512円)を数量限定で発売し、売り上げは全額を環境保全期間「グローバル グリーングランツ ファンド」へ寄付し、40か国以上で実施される地域密着型水プロジェクトをサポートする。

アヴェダは、企業活動の根幹として毎年恒例の環境強化月間、「アヴェダ アースデー月間」を開催しており、今年は、4月2日(木)~5月6日(水)まで実施となる。1999年の活動開始以来、16年間で約38億円もの募金を集め、環境の改善に直接関わる団体をサポートしてきた。とりわけ2007年以降、そのうちの約32億円が水環境の改善に活用されている。アヴェダのアースデー月間の活動は、地球環境、子どもたち、動物たちなど、私たちが大切に思っているものすべてにつながっている。

普段何気なく使っている水。そして、日常生活できれいな水が手に入らない環境にいる人々のことを、どれだけ私たちは知っているだろうか。アヴェダのアースデー月間をきっかけに、世界の水環境について少し想いを巡らせてみてはどうだろうか。

今年、販売となるアロマ キャンドルは、マダガスカルのオーガニック バニラ、シナモン、イランイラン、グローブなどの甘くスパイシーなアロマブレンドだ。パッケージデザインには、マダガスカルノヴォヒマシナ村の子どもたちが表現した「きれいな水」のある生活のイラストが描かれている。

また、アロマキャンドルの容器は、100%再利用ガラス(再生ガラスでつくられた飲料ボトルの底の部分を再利用)で、外箱とインサートも70%以上の再生紙(PCR)を使用するなど、サステイナビリティな社会に配慮されている。

本製品は、「アヴェダ ライフスタイル サロン&スパ 南青山」を始めとした全国のアヴェダ直営店、また全国約300店舗に広がるアヴェダ ネットワークサロン(いずれも一部店舗を除く)で同時に発売となる。
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top