ジョージ・クルーニーの妻・アマル、名門コロンビア大の客員教授に就任

最新ニュース

アマル・クルーニー&ジョージ・クルーニー-(C) Getty Images
  • アマル・クルーニー&ジョージ・クルーニー-(C) Getty Images
  • アマル・アラムディン&ジョージ・クルーニー-(C) Getty Images
  • ジョージ・クルーニー&アマル・アラムディント/第72回ゴールデン・グローブ賞-(C) Getty Images
  • アマル・クルーニー&ジョージ・クルーニー-(C) Getty Images
ジョージ・クルーニーの妻で人権派弁護士のアマル・クルーニーがニューヨークのコロンビア大学のロースクールで教鞭をとることが決まった。

大学側の発表によると、アマルはロースクール人権研究所のシニア・フェローとして、この春から人権法の講義を担当するという。アマルさんは「高名な教授たちと才能ある学生たちの大勢いるコロンビア大学ロースクールに客員教授として呼んでいただき、光栄です。ここで人権学ぶ次世代の人権擁護者たちと知り合うことを楽しみにしています」と声明を発表した。

大学側は、コフィ・アナン元国連事務総長のアドバイザーやウィキリークス創始者のジュリアン・アサンジの弁護も担当したアマルの豊富な経験から、学生たちが多くを学ぶことを期待しているようだ。

アマルさんは今年、母校のオックスフォード大学出版より著書「The Right to a Fair Trial in International Law」(原題)の出版も予定している。

ちなみに同時期にジョージはニューヨークでジョディ・フォスターの監督作『Money Monster』(原題)を撮影予定。昨年9月にイタリアで挙式して以降、新居を構えたイギリスで過ごす時間が多かった夫妻だが、今春からはアメリカでの生活が始まる。
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top