坂本龍一が人間国宝とコラボ! 北陸の文化を感じる「春の北陸ウィーク」開催

最新ニュース

(写真左)能作の酒盃、(写真右)鏑木商舗の酒盃「金花詰」
  • (写真左)能作の酒盃、(写真右)鏑木商舗の酒盃「金花詰」
  • “commmons:schola. vol.14 Traditional Music in Japan”しけ絹紙「実り」カバー装丁スペシャルエディション(写真はイメージ)
  • “commmons:schola. vol.14 Traditional Music in Japan”しけ絹紙「実り」カバー装丁スペシャルエディション(写真はイメージ)
日本橋三越本店では3月18日から24日まで、北陸の文化をフィーチャーしたイベント「春の北陸ウィーク」を同店本館1階中央ホールで開催する。会場では「ヒト」「モノ」「コト」を掛け合わせた形で、石川・富山・福井の文化を紹介する。

同イベントの注目は、音楽家・坂本龍一、人間国宝・森口邦彦、富山県南砺市の松井機業が“夢のコラボレーション”をしたことだ。会場では、坂本龍一が講師として出演する音楽番組「音楽の学校(=schola)スコラ」(NHK Eテレ)の第14巻『日本の伝統音楽』(“commmons:schola. vol.14 Traditional Music in Japan”)(1万1,000円)が発売される。この本のカバーには、人間国宝・森口邦彦が考案した「実り」の柄がデザインされ、カバーの素材には、富山県・城端に唯一残る「しけ絹紙」を使用。太さが不均一な玉糸で織り上げられた“しけ絹”は、2頭の蚕が創る芸術作品とも言われ、唯一無二の模様が現れるという。また、今イベントでは特別に100部限定で坂本龍一直筆の「しけ絹」を用いたスペシャルメッセージカードも添えられる。

このほか、北陸3県を跨いだコラボレーションも実現。石川県の九谷焼「鏑木商舗」、富山県の高岡鋳物「能作」、福井県の越前和紙「杉原商店」の3社だ。

能作と鏑木商舗は、“酒器”で協業。能作は鏑木と同じ形状の酒盃(5,000円/錫、径7.1cm×高さ3.8cm約80ml)を限定製造。一方、鏑木商舗も酒盃「金花詰」(1万4,000円)を製造。会場には、陶磁と鋳物の異素材の酒器で、味わいの違いを堪能できる“北陸BAR”が臨時に設置され、“北陸の酒チケット(3枚綴り)”(300円)を購入すれば、好きな銘柄を愉しむことができる。越前和紙の「杉原商店」は、昨今の“my 猪口ブーム”を踏まえ、携帯できるオリジナル酒盃ボックスを制作。同BARで酒盃を5,000円以上購入の先着100名にプレゼントされる。

また、会場では、北陸の文化工芸を体験することができるワークショップ(3月21日、22日)も実施される。富山県高岡からは伝統工芸士の島谷好徳による「すずがみ体験」(参加費3,000円)ほか、大寺康太講師による「すずアクセサリーづくり」(参加費2,000円)、伝統工芸士の折橋治樹による「螺鈿アクセサリーづくり」(参加費3,000円)、福井県からは越前和紙職人による「紙漉き体験」(参加費1,000円)などだ。

日本橋三越本店のイベント企画担当者は「北陸は日本の工芸文化という視点において“奥座敷”といえる。“京都の雅さ”や“北の冷厳さ”が共存する文化が根付いており、その歴史が感じられる場所。今回はそのような奥座敷で伝統産業を発信されている職人の方にお越し頂いているので、お客様には北陸の“本物の価値や空間”を五感を通じて感じて欲しい」と話す。

日本橋三越北陸ウィークで坂本龍一×富山しけ絹×人間国宝が贅沢コラボ。北陸BARも

《編集部》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top