【3時のおやつ】春愛でる京料理が集合! 花見弁当や桜スイーツに注目

最新ニュース

祇園小石の「舞妓はんのお気に入りパフェ」はイートインで提供する
  • 祇園小石の「舞妓はんのお気に入りパフェ」はイートインで提供する
  • フレンチの老舗「開晴亭」初のヒレビーフカツバーガー(1,500円)
  • 笹谷伊織の桜色のおまんじゅう「さくらさくら」(250円)
  • 「半兵衛麸」からもちっとした食感の「さくらもち麸」(5個入/1,100円)
  • 京都のれん市初登場の「はり清」の季節の折詰「福」(1,500円)
  • 「とり松」の「ばらしずしと春菜ちらし」(1,300円)
時を越えて愛される京都の老舗約70店が集う催物「京都歴代のれん市」が、3月25日から30日まで伊勢丹新宿店本館6階催物場で開催される。この春は、京都の老舗「桜」をテーマにした和菓子や花見弁当がそろう。

創業100年を越えるフレンチの老舗「開晴亭」からは、ヒレビーフカツバーガー(1,500円)が初登場。厚みのあるビーフカツに特製のデミグラスソースを添えたボリュームたっぷりのカツバーガー。

また、創業以来350年東山五条で京料理屋を営む「はり清」が本催事に初登場。京都の味を再現した季節の折詰「福」(1,500円)を伊勢丹新宿店限定品として新たに用意。錦糸卵やいくらを乗せ、春の芽吹く様子を折詰の中に表現した。

また、桜をモチーフにしたこの時期ならではのスイーツも充実。生麩であんを包んだ「半兵衛麸」の「さくらもち麸」(5個入り/1,100円)や、桜あんを包んだ「笹屋伊織」の桜色のお餅「さくらさくら」(250円)など、春らしい味わいがそろう。

イートインスペースでも同期間限定の「家伝京飴 祇園小石」による「舞妓はんのお気に入りパフェ」(1,250円)が楽しめる。春の味覚である苺を使った黒糖練乳と、サクサクとした食感が楽しめる柚子黒蜜グラノーラが添えられた限定メニューだ。

担当バイヤーは「のれん市の弁当やスイーツと共に、会社帰りに夜桜を楽しんで頂くシーンをイメージして品ぞろえを行った。まず見た目から、続いて味覚から春を感じてもらえたら嬉しい」とコメントする。

春愛でる京料理が新宿伊勢丹「京都歴代のれん市」に会す。花見弁当や桜スイーツに注目

《編集部》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top