【特別映像】“ディズニー映画”の秘密に迫る!『ベイマックス』制作ドキュメンタリー

映画

『魔法の映画はこうして生まれる/ジョン・ラセターとディズニー・アニメーション』 - (C) 2015 NHK
  • 『魔法の映画はこうして生まれる/ジョン・ラセターとディズニー・アニメーション』 - (C) 2015 NHK
  • 『ベイマックス MovieNEX』 - (C) 2015 Disney
  • 『魔法の映画はこうして生まれる/ジョン・ラセターとディズニー・アニメーション』 - (C) 2015 NHK
『アナと雪の女王』に続きメガヒットを記録したディズニー・アニメーションの最新作『ベイマックス』。このほど、4月24日(金)に発売される本作のMovieNexと同時発売のドキュメンタリー作品から本編映像の一部が公開となった。

今回映像が公開となったドキュメンタリー「魔法の映画はこうして生まれる/ジョン・ラセターとディズニー・アニメーション」は、2014年11月24日にNHK総合TVにて放送され話題を呼んだ作品。

本作は、90年余りに渡るディズニー・スタジオの歴史で秘密に包まれてきた制作現場に、はじめてカメラが入り、長期に渡って密着、その実態を映像に収めることに成功している。『ベイマックス』の制作風景を通じて、国境を越えてあらゆる世代を魅了し続けるディズニー・アニメーションの魔法と、そのイマジネーションの源に迫る。ナレーションは女優の有村架純が担当。



冒頭、2014年に開催された東京国際映画祭のオープニングに登場するのは、『ベイマックス』の製作総指揮を務めたジョン・ラセター。ディズニー、そしてピクサーのチーフ・クリエイティブ・オフィサーであり、史上初のCG長編アニメーション『トイ・ストーリー』の監督を務めた、いま最も注目を集めるクリエイターのひとりだ。『アナと雪の女王』では、スタジオの制作陣を束ねる指揮官として本作を大ヒットに導いたことが記憶に新しい。

「日本、東京、そして宮崎駿さんに、私は大きな影響を受けてきました」と話すラセター氏。『ベイマックス』は、日本から着想を得た作品であり、舞台がサンフランシスコと東京をミックスさせたような架空都市であったり、ところどころに日本のカルチャーへの愛が感じられるモチーフがちりばめられている。

人体解剖学に基づき、骨や筋肉の構造に沿った動きが再現できるという最新の技術が生み出す、驚きの映像の裏側や、監督を中心としたスタッフが、ひとつのシーンについて熱いディスカッションが交わすストーリー作りの秘密、そして映画全体の舵を取り、500人にもわたるスタッフとともに作品を作り上げていくジョン・ラセターの手腕が存分に堪能できるドキュメンタリーになっていることが窺える。

ディズニー映画の制作の裏側に迫る本作。まずはこの映像から、その秘密を覗いてみて。

<『ベイマックス』MovieNEXリリース情報>
価格:4,000円+税
発売日:4月24日(金)※同日DVD/ブルーレイレンタル開始、4月17日(金)デジタル先行配信

(C) 2015 Disney

『魔法の映画はこうして生まれる/ジョン・ラセターとディズニー・アニメーション』
ブルーレイ:3,800円+税
DVD:3,200円+税
発売日:4月24日(金)

(C) 2015 NHK
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top