“天才詐欺師”の恋はホンモノ!? 『ラブ・アゲイン』の監督が描く『フォーカス』

映画

グレン・フィカーラ&ジョン・レクア監督/『フォーカス』-(C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • グレン・フィカーラ&ジョン・レクア監督/『フォーカス』-(C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • ウィル・スミス主演『フォーカス』-(C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • マーゴット・ロビー/『フォーカス』-(C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • マーゴット・ロビー/『フォーカス』-(C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • ウィル・スミス主演『フォーカス』-(C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • ウィル・スミス&マーゴット・ロビー/『フォーカス』ワールドプレミア
  • ウィル・スミス -(C) Getty Images
  • マーゴット・ロビー Getty Images
ハリウッドのトップスター、ウィル・スミスが新鋭女優マーゴット・ロビーと騙し合いをする天才詐欺師を演じる主演最新作『フォーカス』。脚本&監督を務めたのは『フィリップ、君を愛してる!』(’09)や『ラブ・アゲイン』(’11)のグレン・フィカーラとジョン・レクアだ。ラストにドンデン返しがある脚本を得意とする2人が3度目のタッグを組んだ本作では、人間行動学に基づいた“騙し”のテクニックを披露する一方、特殊な世界で生きる男女の恋の行方も注目されている。そんな本作について、2人の監督が語ってくれた。

人間行動学に基づき「複数の物事を同時に処理できない」という人間の脳の仕組みを利用した、超一流詐欺師たちを描く本作。かつて仕事を教え、セクシーな詐欺師へとなったジェス(マーゴット・ロビー)と天才詐欺師ニッキー(ウィル・スミス)との恋も気になるところだ。

グレン・フィカーラとジョン・レクアにとって『フィリップ、君を愛してる!』以来、詐欺師の世界を描くのは2度目。ジム・キャリーとユアン・ マクレガーで贈る同作は、愛のためなら人はどんなことでもできることを見事に描いた。一方、本作は“信頼が利用される詐欺の世界で生きる2人は本当の恋ができるのか”を軸に脚本を執筆していったという。

レクアは「うそだらけの世界に“真実の愛と信頼”を見出すことはできるのか、というコンセプトを掘り下げてみたいと思ったんだ。そして映画の冒頭にある、新人詐欺師がプロと恋に落ちるアイデアと、映画の後半でもはや新人ではなくなった彼女が戻ってくるというアイデアを発展させていったんだ」と明かす。

詐欺師同士の恋について、彼は「詐欺師というのは特有の技術を使って人々の心を操り、狙った相手に心を開かせ、最終的には信頼を勝ち取る。その一方、人を信用しないことが詐欺師自身の本質だ。そんな詐欺師の2人が、普通なら恋愛の邪魔になる性質をどう乗り越えるかを探ると面白いんじゃないかと思ったんだ」と言う。

人を信用しない詐欺師が、どうやって他人を信頼し、本物の愛を手に入れるのか。映画の前半、詐欺師としてまだ未熟なジェスは、ニッキーを人として尊敬し次第に惹かれていくのだが…。先の全く読めない展開にハラハラさせられることは間違いない。

さらに、詐欺と恋愛要素のバランスに苦労したというのはフィカーラ。「詐欺を描く映画の本質は、プロットを成立させるため観客に明かす部分はできるだけ少なくするのだが、恋愛映画ではキャラクターたちの言動の動機を明らかにする必要が出てくる」と言うが、本作では見事にコメディや人間ドラマ、心理サスペンスなどの要素も融合された脚本に仕上がっている。

しかし、フィカーラは、脚本が実際に映像としてどう展開されるのか不安になったそうだが、キャストが決まると同時にその不安も消えたそうだ。ニッキー役のウィルについては、「役に充分すぎるほど生命を吹き込んでくれた」と2人は太鼓判を押す。

ウィル自身も、スティーヴ・カレルやライアン・ゴズリングが出演した『ラブ・アゲイン』が大好きだったそうで、監督たちが新しい脚本に取り組んでいると聞いたとき、ぜひ出たいと思ったという。本作についても「詐欺のレベルが半端じゃない。こんなのは見たことがないと思う。中盤にこの映画を象徴する特別なシーンがあり、素晴らしい詐欺で、創造性に富み、芸術的。観客は映画を観ながら騙されることを大いに楽しめるはずだよ」と、自身が仕掛けた大掛かりな詐欺に自信を覗かせている。

特殊な世界で生きる2人の恋愛にも“フォーカス”した本作。観客を欺く究極のドンデン返しが楽しみだ。

『フォーカス』は5月1日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top