【ご招待】キャスト&スタッフ登壇『愛を積むひと』完成披露試写会に10組20名様

プレゼント

『愛を積むひと』- (C) 映画「愛を積むひと」製作委員会
  • 『愛を積むひと』- (C) 映画「愛を積むひと」製作委員会
〆切り:4月30日(木)

日時:5月13日(水)18:00開場/18:30開演
場所:丸の内ピカデリー1(東京・有楽町)

第二の人生を大自然に包まれた美しい土地で過ごそうと、北海道に移り住むことにした夫婦、篤史と良子は、かつて外国人が住んでいた家で暮らし始める。良子は篤史に家を囲む石塀作りを頼んだが、以前から患っていた心臓の病を悪化させて、この世を去ってしまう。悲しみにくれる篤史のもとに、ある日、良子から手紙が届いた。驚く篤史。そして、次々と見つかる手紙に導かれるように、篤史は周囲の人々の人生に関わっていく。また、長年疎遠になっていた娘、聡子と再会し…。

2004年に出版され、翻訳本としては異例のロングセラーを続けているエドワード・ムーニー・Jr.著の「石を積むひと」が舞台をアメリカから日本に移し新しい物語として映画化された『愛を積むひと』が、6月20日(土)より全国にて公開される。主演を務めるのは、初の夫婦役となる佐藤浩市と樋口可南子。共演に、一人娘・聡子役に北川景子、更生を誓い、篤史の家の石塀作りを手伝う青年・徹役に野村周平、誰にも言えない秘密を抱える徹の恋人・紗英役に杉咲花、娘の将来を心配する紗英の母・美智子役に吉田羊、そして、頑固一徹な紗英の義父・熊二役には柄本明と、若手からベテランまで豪華なキャストが名を連ねている。監督は、『釣りバカ日誌』シリーズ、『武士の献立』でメガホンをとった朝原雄三。“日本で最も美しい村”として認定される北海道・美瑛町の美しい自然を舞台に、ひたむきな夫婦愛を描いた本作。こちらの公開に先駆けてキャスト&スタッフが登壇する『愛を積むひと』完成披露試写会に10組20名様をご招待。

※当日はキャスト、スタッフの舞台挨拶を予定しております。予定は急遽変更となる場合がございますので、予めご了承くださいませ。

送信
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top