【特別映像】世界初のAI搭載ヒト型ロボット誕生の瞬間『チャッピー』

映画

『チャッピー』 - (C) Chappie - Photos By STEPHANIE BLOMKAMP
  • 『チャッピー』 - (C) Chappie - Photos By STEPHANIE BLOMKAMP
  • 『チャッピー』 - (C) Chappie - Photos By STEPHANIE BLOMKAMP
  • 『チャッピー』 - (C) Chappie - Photos By STEPHANIE BLOMKAMP
  • 『チャッピー』 - (C) Chappie - Photos By STEPHANIE BLOMKAMP
  • 『チャッピー』 - (C) Chappie - Photos By STEPHANIE BLOMKAMP
  • 映画『チャッピー』ポスタービジュアル
『第9地区』『エリジウム』と新作を発表するたび、世界中にセンセーションを巻き起こしているニール・ブロムカンプ監督の最新作『チャッピー』。本作から、世界で初めて人工知能(AI)を搭載したヒト型ロボット、チャッピーが誕生する瞬間をとらえた特別映像が解禁となった。

犯罪都市となった2016年の南アフリカ・ヨハネスブルグを舞台に、もとは治安維持のために導入された兵器用のAI搭載ロボット“チャッピー”が、自分で考え、成長していく姿を描くSFファンタジーともいえる本作。

届いた映像で、「やったぞ、人類初の人工知能だ」とチャッピーを熱く見つめるのは、AIを開発したロボット研究者のディオン。演じるデーヴ・パテル(『スラムドッグ$ミリオネア』)は、「僕はチャッピーを善良なロボットに育てようとする」と明かしている。

そのロボット、チャッピーを演じたのは、『第9地区』『エリジウム』に続き、監督とは3作目のタッグとなるシャールト・コプリー。「いつロボットは人間として見なされるのか。おそらくロボットが人間と同じように、感情を持ったときだろう」と語る。彼は本作で、全編にわたりモーション・キャプチャーによる演技を披露。映像中には、撮影現場で全身に装置をつけ、チャッピーに扮するコプリーの姿も確認でき、そのコプリーにデーヴが“何か”を教えるメイキングシーンも映し出されている。

さらに、「チャッピーは影響を受けやすく、科学者といれば科学に興味をもち、ギャングといれば犯罪者になる」とプロデューサーのサイモン・キンバーグが説明するように、キーボードでスピーディーに入力するチャッピーの滑らかな指先の動きや、ストリートギャングの“ニンジャ”に銃の持ち方を教えられる姿なども登場。

「他人の人生に干渉するな。犯罪はダメだ」という、パテル演じる“生みの親”ディオンの教えに「犯罪はダメ」と応えるチャッピー。「観客はチャッピーを通して、人間の様々な感情を経験することになる」と語るコプリーのコメントを受け、パテルも「アクションだけでなくドラマがある」と目を輝かせて後を続ける。

だが、やがてニンジャから「死にたくなければ戦え」と教えられ、足蹴りで壁をブチ壊すチャッピー。ディオンと過ごしたときとは “別人”のように、銃を手に巨大なロボットに立ち向かっていくのだが…。



人類史上初のAIロボットは、どんな成長を遂げていくのか。彼の前には、どんな運命が待ち受けているのか、ますます目が離せなくなってきた。

『チャッピー』は5月23日(土)より丸の内ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top