長谷川博己、やり過ぎ演技を後悔? 「殻を破り過ぎ」と園子温監督は大絶賛!

最新ニュース

長谷川博己/『ラブ&ピース』完成披露試写会
  • 長谷川博己/『ラブ&ピース』完成披露試写会
  • 麻生久美子/『ラブ&ピース』完成披露試写会
  • 西田敏行/『ラブ&ピース』完成披露試写会
  • 長谷川博己/『ラブ&ピース』完成披露試写会
  • 園子温、長谷川博己/『ラブ&ピース』完成披露試写会
  • 園子温、長谷川博己、麻生久美子、西田敏行/『ラブ&ピース』完成披露試写会
  • 長谷川博己/『ラブ&ピース』完成披露試写会
  • 園子温、長谷川博己、麻生久美子、西田敏行/『ラブ&ピース』完成披露試写会
俳優の長谷川博己が6月24日(水)、都内で行われた主演作『ラブ&ピース』の完成披露試写会に出席。うだつの上がらないサラリーマンが、人気絶頂のロックスターに転身する姿を演じきり「ちょっとやり過ぎちゃったかなと後悔がありました」と照れくさそうに語った。

完成披露試写会には長谷川さんをはじめ、共演する麻生久美子、西田敏行、園子温監督が出席。長谷川さんの“後悔”発言に対して、園監督は「全然そんなことはない。いままでの殻を破り過ぎた、すさまじい演技です」と大絶賛。当の長谷川さんも「冷静に見終わると、無意識に訴えかけてくる感動がある」と手応えを示した。

楽器メーカーで働く主人公・鈴木良一(長谷川さん)が、偶然出会った不思議なミドリガメに導かれ、一度は諦めたロックスターになる夢を実現させる。良一の栄光が頂点に達したとき、謎の巨大怪獣が東京を襲来し…というファンタジー風味のラブストーリーで、園監督が25年前に書き上げたオリジナル脚本を映画化した。

麻生さんは、良一が思いを寄せる同僚OLという役どころで、「いままでで一番地味な役。園監督からも『絶対、笑わないで』と笑顔禁止令が出たほど…」。共演した長谷川さんについて、「演技のふり幅がすごくて、歌もギターもお上手。何でもできて、敵わないなと思った」とリスペクト! また、西田さんは「青白い顔をしているけど(笑)、胸のなかに熱いものを持っている」と長谷川さんの人柄を語っていた。

4月に開催された第5回北京国際映画祭コンペティション部門に正式出品され、長谷川さんと園監督が現地入り。長谷川さんが、「ものすごく暖かく迎えてくださった」とふり返ると、園監督は「向こうにも長谷川くんのファンがいっぱい。現地のガイドさんも『長谷川さんはいないんですか?』って、僕には無関心だった(笑)」と国境を超えた長谷川さん人気に圧倒されていた。

『ラブ&ピース』は6月27日(土)から全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top