松山ケンイチ、ヤクザ風パンチパーマにご満悦も「次回はもっとゴリゴリに!」

最新ニュース

松山ケンイチ/『天の茶助』初日舞台挨拶
  • 松山ケンイチ/『天の茶助』初日舞台挨拶
  • Ms.OOJA、玉城ティナ、大野いと、松山ケンイチ、伊勢谷友介、SABU監督、今野浩喜、オラキオ/『天の茶助』初日舞台挨拶
  • 伊勢谷友介/『天の茶助』初日舞台挨拶
  • Ms.OOJA/『天の茶助』初日舞台挨拶
  • SABU監督/『天の茶助』初日舞台挨拶
  • 大野いと/『天の茶助』初日舞台挨拶
  • 今野浩喜&オラキオ/『天の茶助』初日舞台挨拶
  • 松山ケンイチ/『天の茶助』初日舞台挨拶
映画『天の茶助』が6月27日(土)に公開を迎え、主演の松山ケンイチをはじめ、大野いと、伊勢谷友介、玉城ティナ、主題歌を担当したMs.OOJA、そしてSABU監督が上映後の舞台挨拶に登壇した。

SABU監督が自ら執筆した小説を映画化。人間の運命を決める“脚本”を書く天界の者たちに仕える茶助が、以前から気にかけていた人間界の少女の運命を幸福に転じさせるべく、沖縄を舞台に大暴れする。

この日は映画にも出演している「キングオブコメディ」の今野浩喜、「弾丸ジャッキー」のオラキオが司会を担当し、ノリノリで劇場に現れるが、驚くほど拍手が少なく2人とも大ショック! 登壇した松山さんから「(舞台袖で待っていて)全然、拍手が聞こえてこなかった(笑)」とツッコミが入る。

松山さんは映画の中で、天界の人間だけでなく、過去の人間界にいた時の姿として暴走族など様々な姿に扮しているが、なかでも印象的なのがヤクザの頃のパンチパーマ姿! これについて「撮影前、自分がヤクザになった姿が想像できなかったんですが、監督と電話で話してて『ヤクザと言ったらパンチパーマじゃない?』と言われて『それだ!』と思い、そのシーンのスケジュールは最後にしてもらい、(撮影場所の沖縄の)近所の床屋さんで掛けました」と明かす。自身でもその姿が大層気に入ったようで「パンチもいろいろあって、今回は割とゆるいパンチ。もっとゴリゴリのをやりたかったので次回はゴリゴリで!」と笑顔で語り、伊勢谷さんから「次回って何だ(笑)?」とツッコまれていた。

映画の中には、様々な名作のパロディシーンが登場するが、それを担った伊勢谷さんはまず『タイタニック』の船の先端での名シーンの再現について「結構、中古の漁船の帆先で…実際には海にも出てないし、『何の撮影してるんだ?』と思った(笑)。クランクアップも『ゴースト』(※幽霊になった恋人とろくろを回す名シーンを再現)で、『おれは何をクランクアップしたんだろう?』と思った」と語り、会場は笑いに包まれる。

それぞれの俳優陣が撮影の思い出などを語り、和やかなムードで舞台挨拶が進んでいたが、そんな中、司会であるオラキオさんは、自身がこの世界に入ったのはSABU監督の影響であり“弾丸ジャッキー”という名前の由来も、SABU監督の『弾丸ランナー』であると告白。長年の夢がかなって監督の映画に出演し、こうして初日舞台挨拶で壇上に上がっているということで、これまでの溜まりに溜まった思いを吐露し、司会の立場でまさかの涙! 会場は温かい拍手がわき起こった。

松山さんはそんなオラキオさんについて「銃を撃つシーンで、撃つ瞬間の顔が素晴らしかった。『ダークナイト』のジョーカーを超えていた。銃を撃つなんて、普段は経験できないので、撃つ時には顔の説得力が必要ですけど、それがあった」と大絶賛を送り、オラキオさんをさらに感激させていた。

なお、本作はすでに東欧をはじめ、海外での配給も決定していることが発表された。

『天の茶助』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top