音楽とパフォーマンス、芸術の四日間! 「ミュージック・トゥデイ・トーキョー」開催

最新ニュース

蓮沼執太企画・構成「Music Today in TOKYO 2015」
  • 蓮沼執太企画・構成「Music Today in TOKYO 2015」
  • 蓮沼執太企画・構成「Music Today in TOKYO 2015」
  • 環ROY×蓮沼執太×U-zhaan
  • コトリンゴ
  • 蓮沼執太企画・構成「Music Today in TOKYO 2015」
  • イトケン
  • 「空間現代」
  • 鈴木昭男
その広範な「作曲」活動と、現代美術のフィールドでの活躍が目覚しい音楽家・蓮沼執太が、自ら企画・構成・主催するイベント「ミュージック・トゥデイ・トーキョー・2015」の開催が決定した。

音楽家としてソロやバンドなどさまざまな形態でのリリースや、プロデュースワークやコラボレーション、さらにはアートスペースでのインスタレーションなど、幅広い作曲活動を展開する蓮沼さん。二年ぶりの開催となる「ミュージック・トゥデイ」は、写真家の上田義彦がキュレーターを務める、東京・竹芝の600平米を誇るギャラリー「Gallery 916」を会場に、4日連続で5公演が行われる。

公演では、蓮沼さん自身によるソロ・パフォーマンスや「アンプラグド」と銘打った電気を使わない完全生演奏による新しいアンサンブルでの演奏のほか、サウンド・アーティストの鈴木昭男をはじめ、シンガーソングライターのコトリンゴ、ラッパーの環ROYやタブラ奏者U-zhaanとのコラボレーション、スリーピースバンド「空間現代」、さまざまなアーティストとのコラボで知られるドラマーのイトケンなど、現代のミュージシャンを招聘。領域横断的なパフォーマンスが披露されることが期待される。

同イベントでは、ライブ演奏のほかにも、映像上映や同時代を生きるアーティスト・クリエイターとのトークイベントも開催。トークにおいては、“新しい生活文化誌”「疾駆」と恊働して、美術家、映画監督、ジャーナリスト、批評家などのゲストを迎え、日本の芸術の現状を考えるプログラムが各公演ごとに行われる。また、蓮沼の盟友であるデザイナーのNoritakeや大原大次郎とのコラボレーションによるオリジナルグッズも販売される。

ミュージック・トゥデイ・トーキョー・2015
日程:2015年8月6日(木)~9日(日)
会場:Gallery 916
開場/開演時間:19:00/19:30(8月6日・7日)、14:00/14:30(8月8日)、13:30/14:00、19:00/19:30(8月9日)
料金:前売り 4,320円 枚数限定ノベルティ付全公演フリーパス 16,200円 (いずれも税込、ドリンク代別)
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top