ジェニファー・ローレンス、ニューヨーク「ハンガー・ゲーム展」に歓喜!

映画

ジェニファー・ローレンス、ジェナ・マローン、ウィロウ・シールズ/ハンガー・ゲーム展」
  • ジェニファー・ローレンス、ジェナ・マローン、ウィロウ・シールズ/ハンガー・ゲーム展」
  • ジョシュ・ハッチャーソン、ジェニファー・ローレンス、フランシス・ローレンス監督/「ハンガー・ゲーム展」
  • ジョシュ・ハッチャーソン、ジェニファー・ローレンス/「ハンガー・ゲーム展」
  • フランシス・ローレンス監督、ニーナ・ジェイコブソン、ジョン・キリク/「ハンガー・ゲーム展」
  • 「ハンガー・ゲーム展」
  • 「ハンガー・ゲーム展」
  • 「ハンガー・ゲーム展」
  • 「ハンガー・ゲーム展」
7月1日(現地時間)より、ニューヨークのディスカバリータイムズスクエアで『ハンガー・ゲーム』展が開催。プレオープンに、ジェニファー・ローレンスを始めスタッフ・キャストらが登場した。

11月20日(金)に全世界同時公開されるSFアクション超大作シリーズの最終章『ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション』に先駆けオープンした「ハンガーゲーム」展。プレオープンでは、シリーズを通してカットニス、ピータ、プリム、ジョアンナをそれぞれ演じたジェニファー・ローレンス、ジョシュ・ハッチャーソン、ウィロウ・シールズ、ジェナ・マローンら主要キャストと、フランシス・ローレンス監督、プロデューサーのニーナ・ジェイコブソン、ジョン・キリクらが登場した。

ジェニファーは、「感無量だわ。個人的に取っておきたいアイテムがたくさんあったわ。 原作が好きで映画が好きなファンは、さらにキャラクターやストーリーに近づき、触れ合えるいい場だと思う」と興奮を隠しきれない様子で喜びを語った。

そして、自身が撮影で使用した弓を見つけると「あの弓で顎を打って、その勢いで後ろに吹き飛ばされたのよね」と懐かしそうに撮影をふり返る。ジョシュも同様に「本物みたいな戦闘馬車に乗って撮影したんだけど、実は見えないところに操縦する人が乗っていて、彼は僕らの足元に隠れて操縦してたんだ」と気持ちを高ぶらせ語った。

会場内は、第12地区、列車、キャピトル、ゲームメイキング、第13地区、カットニスの旅路、ファンギャラリーの7つのゾーンからなり、撮影セットが再現されたものを始め、物語の舵を大きく切るシーンで魅せた炎の少女のドレスやカットニスの戦闘服、マネシカケスのピン、カットニスの弓など、シリーズで実際にキャストが着用した衣装や撮影で使用した小道具が展示がされている。

6か月間のニューヨークでの展示が終了後、2月からはサンフランシスコの歴史的建造物であるパレス・オブ・ファイン・アーツの展示ホールに巡回することも既に決定しており、こちらでは約1,120平方メートルの会場で展示が行われる。

『ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス』は全国にて公開中。
『ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション』は、11月20日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top