絵画から抜け出したような“野花の畑”イメージ! 「ランバン」新作フレグランス

最新ニュース

ランバンが新フレグランス「エクラ・ドゥ・フルール オードパルファム」(30ml 6,500円、50ml 8,400円、100ml 1万2,300円)を発売
  • ランバンが新フレグランス「エクラ・ドゥ・フルール オードパルファム」(30ml 6,500円、50ml 8,400円、100ml 1万2,300円)を発売
  • ランバンが新フレグランス「エクラ・ドゥ・フルール オードパルファム」を発売
  • 「エクラ・ドゥ・フルール オードパルファム」(30ml 6,500円、50ml 8,400円、100ml 1万2,300円)
ランバン(LANVIN)のフレグランス「エクラ・ドゥ・アルページュ」ラインから8月1日、新作「エクラ・ドゥ・フルール オードパルファム」(30ml 6,500円、50ml 8,400円、100ml 1万2,300円)が発売される。

印象派の絵画から抜け出してきたような“野花の畑”をイメージして製作された同フレグランス。洗練された花の香りと刺激的なフルーツの香りを絶妙な配合でブレンドすることで、心浮き立つ春の昼下がりを思わせる香りに仕上げられた。

ジューシーなペアーが奏でるトップノートに始まり、華やかでフルーティーなフリージア、官能的なローズ、繊細で芳醇なアラビアジャスミンによるフローラルなミドルノートへと続いていく。最後には、セクシーな甘いホワイトムスクとクリーミーなサンダルウッドの香りで幕を閉じる。

02年に発売された「エクラ・ドゥ・アルページュ」ラインは、同ブランドの創始者ジャンヌ・ランバンと娘マルグリットとの絶対的な愛の絆をイメージしたもので、新作の「エクラ・ドゥ・フルール オードパルファム」の丸いボトルにも、娘の名前でもあるシンボリックな花“マルグリット(=フランス語で「デイジー」の意)”のモチーフが刻み込まれている。

また「エクラ・ドゥ・アルページュ」と同様に、トップにはローズのダイヤモンドを思わせるストーンがあしらわれ、その下に2本のホワイトゴールドのリングを絡み合わせることで愛の絆が表現されている。「エクラ・ドゥ・アルページュ」ラインのフレグランスの象徴的なプレキシガラスのケースは、優美なローズカラーで彩られ、洗練されたオブジェを思わせるものとなっている。

ランバン新作フレグランスが8月に発売。絵画から抜け出してきたような“野花の畑”をイメージ

《HEW》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top