ダスティン・ホフマンが絶賛する新星子役の来日決定!『ボーイ・ソプラノ』

映画

『ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声』で主人公を演じるギャレット・ウェアリング
  • 『ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声』で主人公を演じるギャレット・ウェアリング
  • 来日が決定したギャレット・ウェアリングとフランソワ・ジラール監督
  • 『ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声』 (C)2014 BOYCHOIR MOVIE, LLC. All Rights Reserved.
  • ダスティン・ホフマン -(C) Getty Images
アカデミー俳優であるダスティン・ホフマンが出演する『ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声』の公開を記念し、フランソワ・ジラール監督と、天才子役と称されるギャレット・ウェアリングの来日がこのほど決定した。

複雑な家庭環境に育ち、トラブルばかり起こしていた少年ステットだが、実はたぐいまれな美声の持ち主だった。そんな彼に飛び込む名門少年合唱団への入学。そこで少年たちの育成を任されているのは、厳しい指導で知られているカーヴェル。彼は若いころに才能を否定され、指導者の道に入った過去があり、才能がありながらも、無駄にしているステットに対して厳しく接する。楽譜も読めず同級生たちからのいじめに遭いながら、カーヴェルの導きにより、次第に“歌う”事に魅了されていくステット。そんな時、由緒正しいコンサートでソロを歌うチャンスが与えられる――。

若い頃音楽を学び、挫折した経験を持つダスティン・ホフマンの自伝的映画とも言える本作。ホフマンのほか、『ミザリー』『タイタニック』のキャシー・ベイツらベテラン俳優たちが勢揃いする中、主人公である少年ステットを、本作が長編デビュー作である新星ギャレット・ウェアリングが演じている。

幼い頃より芸術に強い興味を抱き、中学の頃教師に導かれ演技を始め、プリティーン男子モデル賞をはじめとする数多くの賞を獲得し注目を集めた彼は、11歳の時に演技の夢を追及するためロサンゼルスに移り住み、本作のオーディションに見事合格。はれて銀幕デビューを飾ることとなった。

ジラール監督は、「12歳の子どもを配役するのはいつだって恐怖を伴う。以前仕事をしたことがある子はほとんどいない。だからオーディション以外に証拠がないんだ。しかもオーディションは惑わされることが多いから、僕は好きじゃない。でもギャレットにはステット役に必要な素晴らしい演技力があることがすぐに分かった。彼の年代にはめったに見られない集中力がある。彼の強烈さと鍛錬に感心した。俳優としての彼にとってこの映画はエキサイティングな旅の始まりになると思う」と、ギャレットの才能への賛辞を送っている。

そしてこのほど、ギャレット・ウェアリングとフランソワ・ジラール監督の来日が決定。ジラール監督は、アレッサンドラ・バリッコのベストセラーの映画化『シルク』にて、中谷美紀と役所広司を起用しており、日本にも馴染みのある人物としても知られている。

ダスティンが「彼は最高だよ。見たままの素晴らしい子どもだ。豊かな精神と真実を捉える感覚を備えている」と絶賛するギャレット。次世代のスター来日で、さらなる話題を呼びそうだ。

『ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声』は9月11日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top