芥川賞受賞作・ピース又吉「火花」に登場した”熱海海上花火大会"が今年も開催

最新ニュース

第153回芥川賞受賞作品であるお笑いコンビ・ピースの又吉直樹による『火花』にも登場した「熱海海上花火大会」がスタート
  • 第153回芥川賞受賞作品であるお笑いコンビ・ピースの又吉直樹による『火花』にも登場した「熱海海上花火大会」がスタート
  • 第153回芥川賞受賞作品であるお笑いコンビ・ピースの又吉直樹による『火花』にも登場した「熱海海上花火大会」がスタート
  • 太宰治が宿泊した部屋 起雲閣「大鳳」
第153回芥川賞を受賞し注目を集めている、お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹による処女作『火花』。本作に登場した「熱海海上花火大会」が7月26日よりスタートする。

『火花』は、奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷と、彼を“師”と慕う後輩・徳永のお笑い芸人の2人が、笑いとは何かを議論しながら、人間存在の根本を見つめた作品だ。

そんな本作のワンシーンとして描かれる、山と海に囲まれた地形ならではの迫力のある音が魅力の「熱海海上花火大会」。1年を通して開催されており、今夏は7月26日、30日、8月5日、7日、17日、23日、28日に実施される。その後、秋季として9月26日、10月12日に、冬季として12月6日、13日、23日にも開催。8月28日は特大2尺玉も打ち上げられる予定だ。

なお、開催地である熱海は、又吉直樹もファンである太宰治が『人間失格』の第2手記までを書き上げた場所でもある。太宰治が執筆中に宿泊していた起雲閣の本館も現存しており、花火観賞の前に訪ねてみるのもいいかもしれない。

芥川賞受賞作・ピース又吉『火花』に登場した「熱海海上花火大会」が今年も開催

《HEW》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top