“都会に咲く一輪の花”を表現「フラワー バイ ケンゾー」新作フレグランス登場

最新ニュース

「ケンゾー パルファム」が新フレグランス「フラワー バイ ケンゾー ロー オーデトワレ」(30ml/6,500円)を数量限定で発売
  • 「ケンゾー パルファム」が新フレグランス「フラワー バイ ケンゾー ロー オーデトワレ」(30ml/6,500円)を数量限定で発売
  • 「ケンゾー パルファム」が新フレグランス「フラワー バイ ケンゾー ロー オーデトワレ」(30ml/6,500円)を数量限定で発売
  • 「ケンゾー パルファム」が新フレグランス「フラワー バイ ケンゾー ロー オーデトワレ」(30ml/6,500円)を数量限定で発売
  • 「フラワー バイ ケンゾー ロー オーデトワレ」(30ml/6,500円)
  • 期間中に公式オンラインショップで8,000円以上購入すると、数量限定でオリジナルのレッドカラーのポーチをプレゼント
ケンゾー パルファム (KENZO PARFUMS)が7月17日に、“都会に咲く一輪の花”がコンセプトの「フラワー バイ ケンゾー」から、新フレグランス「フラワー バイ ケンゾー ロー オーデトワレ」(30ml 6,500円)を数量限定で発売する。

ブランドを代表するフレグランスとして、今年で15周年を迎える「フラワー バイ ケンゾー」は、創始者の高田賢三が好きだった花であり、フランスでは日本のタンポポのような存在でもあるポピーの花をモチーフにしたもの。アスファルトの隙間にも根づく、強さと儚さを併せ持つポピーの花に、高層ビルが立ち並ぶ都会を生きる女性の姿を重ねて製作された。

新作の「フラワー バイ ケンゾー ロー オーデトワレ」は、ポピーの花の中でも希少な、まばゆく無垢に輝く白いポピーの花を表現したフレグランス。可憐で力強い白いポピーの花を想起させるフレッシュなトップノートから始まる香りは、やがてピオニィやフリージアによるフラワー バイ ケンゾーならではのフェミニンなフローラルノートへと続く。最後にはやわらかなムスクが女性らしさを際立たせる。

ボトルには、ポピーの花開いた瞬間が無垢な白色で描かれた。パッケージにも同様のポピーが描かれ、バーニッシュ加工を施すことでより強い存在感が放たれた。なお、同フレグランスはケンゾーの公式オンラインショップで取扱われる。

また、8月31日までに公式オンラインショップで8,000円以上購入すると、数量限定でオリジナルのレッドカラーのポーチがプレゼントされる。

“都会に咲く一輪の花”がコンセプト、「フラワー バイ ケンゾー」新作フレグランス登場

《HEW》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top