「六本木ヒルズ盆踊り2015」が過去最大規模で開催! グルメなキッチンカーも登場

最新ニュース

昨年の「六本木ヒルズ盆踊りの様子。
  • 昨年の「六本木ヒルズ盆踊りの様子。
  • 六本木ヒルズ内のレストラン&ショップ20 店以上が屋台やキッチンカーとなってオリジナルメニューを提供。写真は、「イルムリーノ」より「トマトのブルスケッタ」。
  • 六本木楽の踊り。
六本木ヒルズでは、8月21日(金)~8月23日(日)の期間、今年で13回目を迎える「六本木ヒルズ盆踊り2015」が過去、最大エリア・最多プログラムにて開催される。一部けやき坂を封鎖しての試みも行われ、昨年の約4万名(開催3日間累計)をさらに超える来場者数が見込まれ、この夏一番の盛り上がりを見せそうだ。

今回の「六本木ヒルズ盆踊り2015」は、六本木ヒルズ オリジナル音楽舞劇「楽劇 六本木楽」開催10回目を記念して開催される。六本木楽は、総合芸術家・狂言師 故 野村万之丞氏が日本古来のお祭りを現代風に復活させた音楽舞劇「大田楽」を、六本木ヒルズオリジナルにアレンジした芸能で、これまで前夜祭を盛り上げる演目として六本木ヒルズアリーナで開催してきたが、今年はメインプログラムとして、通行止めする六本木けやき坂通りをステージに、8月 22日(土)16:00~17:00の約1時間に及ぶ特別パフォーマンスを披露する。

また22 日(土)、23 日(日)17:00~20:00には六本木ヒルズアリーナで、六本木ヒルズから誕生した歌手・六本木じろう氏が歌う六本木ヒルズオリジナル盆踊り曲「六本人音頭」に合わせ、六本木ヒルズアリーナのやぐらを回る。今年は、六本木じろう氏と共に歌う新たなる歌い手も登場し、パワーアップ。さらに今年で5回目となる宮城県と岩手県の踊りや舞「みちのく伝統芸能」が行われる。

踊りで盛り上がりながら、六本木ヒルズならではのグルメも堪能できる。六本木ヒルズ内のレストラン&ショップ20店以上が屋台やキッチンカーとなってオリジナルメニューを提供。六本木ヒルズアリーナでは、屋台全店にて串メニューを提供、六本木けやき坂通りには「ミシュランガイド東京 2015」にて1つ星を獲得した「ジャン-ジョルジュ 東京」を始め、けやき坂の名店やグランド ハイアット 東京のレストランが初めてキッチンカーを展開する。

六本木けやき坂通りに、水で絵を描くことが出来る不思議な壁が出現し、ネイティブアメリカンやヨーロッパの洞窟壁画のようなロック・アート(岩絵)がモチーフの子どもワークショップなども開かれる。

夏本番を前に、お祭り気分はヒートアップ。今年は六本木ヒルズで夏祭りを満喫してみてはいかが?
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top