「カン・ドンウォン好き!」漫画家・東村アキコ、愛と涙のイラスト到着

韓流・華流

『世界で一番いとしい君へ』東村アキコによるイラスト  - (C)2014 ZIP CINEMA All Rights Reserved.
  • 『世界で一番いとしい君へ』東村アキコによるイラスト  - (C)2014 ZIP CINEMA All Rights Reserved.
  • 少女時代「テティソ」カメオ出演『世界で一番いとしい君へ』 - (C)2014 ZIP CINEMA All Rights Reserved.
  • 少女時代「テティソ」カメオ出演『世界で一番いとしい君へ』 - (C)2014 ZIP CINEMA All Rights Reserved.
8月29日(土)より日本公開となるカン・ドンウォン&ソン・ヘギョ主演のヒューマンドラマ『世界で一番いとしい君へ』。このほど、「海月姫」「かくかくしかじか」「主に泣いています」など数々のヒットを生み出した人気漫画家・東村アキコより、「世界で一番好き」と言うカン・ドンウォンへの愛情と本作への思いが詰まったイラスト&コメントが到着した。

テコンドーの選手として活躍していた17歳のハン・デス(カン・ドンウォン)は、アイドルを夢みるチョン・ミラ(ソン・ヘギョ)と出会う。17歳という若さで子どもを授かった2人は、夫婦としての生活をスタートするが、生まれた子は早老症という世界でも稀な病気を抱えていた。それから17年、80歳の身体年齢である17歳の息子と若い夫婦は、家族3人、数奇な人生を時に笑いを交え、お互いを慈しみながら支え合って生きていた――。

原作は、韓国で発行3ヶ月で14万部が販売され、各国でも翻訳本が出版されているほどの人気を誇る作家キム・エランの小説「どきどき僕の人生」。実生活では独身のカン・ドンウォンが初の父親役、しかも「少女時代」ファンという設定など、これまでにない一面を見せる本作は、本国でも感動を呼び、海外でも第17回ウーディネ・ファーイースト映画祭で「観客賞」第3位に輝くなど注目を集めている。

本作をいち早く鑑賞した東村先生も、「ドンくんが好き!!!」と愛たっぷりのイラスト&コメントを寄せ、感動の涙に暮れたことを明かしている。

<東村アキコ コメント>
私が世界で一番大好きな俳優、カン・ドンウォンが初の父親役ということで、ドキドキしながら鑑賞しました。17歳の高校生から、33歳の若いやんちゃパパまで、いままで見たことないドン君の魅力が炸裂! 髪型もいっぱい変わって、さらにまさかのあの女子たちとの共演と、ファンにはたまらない内容でした。
ストーリーも、重いテーマを扱っているのに、ちょっととぼけたコメディタッチで、くすくす笑っちゃうシーンもたくさん。でも、やっぱり最後は泣いて泣いて、もうどうしようもなく泣きました。愛に溢れた素晴らしい映画です。私にも10歳の息子がいますが、また一緒に映画館に観に行きたいと思っています。

『世界で一番いとしい君へ』は8月29日(土)よりシネマート新宿ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top