松たか子、出産後初のイベント登壇!『HERO』大阪舞台挨拶

最新ニュース

松たか子/『HERO』大ヒット舞台挨拶
  • 松たか子/『HERO』大ヒット舞台挨拶
  • 松たか子/『HERO』大ヒット舞台挨拶
7月18日(土)に全国443スクリーンで公開初日を迎えた映画『HERO』。公開2日間の観客動員数が100万人を突破、8月7日(金)までの公開21日間で観客動員数236万人、興行収入30.2億円という大ヒットを記録した本作の舞台挨拶が、8日(土)大阪・TOHOシネマズ梅田にて行われ、木村拓哉、松たか子、鈴木雅之監督が登壇した。

昨年の月9枠で全11回の放送の平均視聴率が21.3%という高視聴率で幕を閉じた「HERO」。今回の劇場版では、第1シリーズレギュラーメンバーで久利生との名コンビぶりで人気を博した雨宮舞子役の松さんが、前作の劇場版以来8年ぶりに復活している。

8日の現在、全国の『HERO』上映劇場の中で観客動員数日本一を記録しているのがTOHOシネマズ梅田ということで、この劇場での舞台挨拶が決定。久利生公平役の木村さんは、「上映中の映画館の中でこの会場が一番お客さんに来て頂いていると伺い、何でもっと早く来なかったのかな、と思いました」と感激の面持ちで語った。さらにこの日は、雨宮役の松さんが出産後初のイベント参加とあって、木村さんは「初代相棒として、しっくりきますね。現場で雨宮さんになった松さんの『久利生さん』というセリフを僕が受け取ったとき、『これ、これ』という感じがありました。撮影中は(松さんの)おなかの中に赤ちゃんがいて、どこか、以前にはなかった女性としての強さが、今回の雨宮さんには宿ってたんじゃないかな、と思いました」と共演をふり返った。

木村さんの発言を受けた松さんは「もちろん緊張してましたけど、とにかく何か『雨宮、ちょっと違うな』ってところがあったら言ってください、と監督と木村さんにお願いしました。でも、久利生さんを前にすると、体が動くというか手が出るというか、すぐ行動する感じがぱっとよみがえってきたので、『できそうかな』というささやかな自信を持てました」と明かした。

鈴木監督が「この2人が揃うのはこの会場が初めてです」と明かすと、場内からは大歓声が! 続けて「『日本を代表するコンビ』と思って頂いてよいと思います」と2人に賞賛を送った。劇中で松さん演じる雨宮が大阪地検難波支部の検事を務めており、松さんが本作でクランクインした場所が神戸であるなど、何かと縁のある関西での舞台挨拶は終始にこやかなムードの中、終了した。

『HERO』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top