6人のプロが手掛ける京料理屋「居様」、夏のおばんざいが登場

最新ニュース

新メニュー「九種のおばんざい御膳」/6人のプロフェッショナルが作る、京料理屋「居様/イザマ」
  • 新メニュー「九種のおばんざい御膳」/6人のプロフェッショナルが作る、京料理屋「居様/イザマ」
  • 6人のプロフェッショナルが作る、京料理屋「居様/イザマ」
  • 6人のプロフェッショナルが作る、京料理屋「居様/イザマ」
  • 6人のプロフェッショナルが作る、京料理屋「居様/イザマ」
  • 6人のプロフェッショナルが作る、京料理屋「居様/イザマ」
  • 6人のプロフェッショナルが作る、京料理屋「居様/イザマ」
  • 6人のプロフェッショナルが作る、京料理屋「居様/イザマ」
  • 6人のプロフェッショナルが作る、京料理屋「居様/イザマ」
伝統・継承・再生をテーマに、京都のおもてなしを古い蔵と中庭を望みながら味わえる京料理屋「居様/IZAMA」。8月からは、9種類の京のおばんざいが楽しめる新メニュー「九種のおばんざい御膳」が登場した。

昨年3月にオープンした「居様/IZAMA」。空間デザインに建築家の永山祐子、家具製作に「ランドスケーププロダクツ」の中原慎一郎、プロデューサーにはカフェブームの立役者として数多くのブランドカフェを始め、「bills」や「堂島ホテル」など数々のホットスッポットを手掛けてきた中村貞裕、そして料理監修に日本料理の巨匠・神田川俊郎など6人のプロフェッショナルが参加。

春夏秋冬と季節が変わるごとに表情を変える京の街とともに、医食同源の考えを元に、地元産のこだわりの食材を使った料理、京都ならではのおもてなしを表現した空間となっている。

今回、新たに登場した「九種のおばんざい御膳」は、明治創業の老舗豆腐屋「平野屋」の豆腐を使った餡掛けなどが、和食器や小鉢に盛り付けられた見た目にも鮮やかなおばんざいが並ぶ。「平野屋」の豆腐は、北大路魯山人や白洲次郎も愛した豆腐で、防腐剤を一切使用せず、京都の地下水を使用して作られており、大豆の甘みを感じることができる独自の製法が特徴となっている。その他にも、夏の京地野菜に香り高い出汁を効かせたおばんざいやのど越し豊かなそばそうめんを楽しむことができる。

【店舗情報】
「居様/イザマ」
住所:京都府京都市中京区新町通六角下六角町三六一番
           三井ガーデンホテル京都新町別邸イザマ
時間:モーニング 6:30~10:00(L.O. 9:30)
  :ランチ 11:30~14:00 (L.O.13:30)
  :ディナー 17:30-22:00 (L.O.21:00)
   ※定休日:なし

空間デザイン、家具、料理…6人のプロによる京料理屋「居様」、夏の新おばんざいが登場

《編集部》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top