ジョセフ・ゴードン=レヴィットに第1子が誕生!

最新ニュース

ジョセフ・ゴードン=レヴィット-(C)Getty Images
  • ジョセフ・ゴードン=レヴィット-(C)Getty Images
  • ジョセフ・ゴードン=レヴィット-(C)Getty Images
  • ジョセフ・ゴードン=レヴィット
  • ジョセフ・ゴードン=レヴィット-(C)Getty Images
ジョセフ・ゴードン=レヴィット(34)と妻ターシャ・マッコーリーの間に第1子が誕生した。

昨年12月、2人のロサンゼルスにある自宅で極秘結婚していた『(500)日のサマー』でお馴染みのジョセフと起業家である妻ターシャは先週末に2人にとって第1子となる男児をこの世に迎えることができて、現在幸せいっぱいのようだ。ジョセフの親しい関係者は「みんなとても喜んでいて、母子ともに健康なようですよ」と「UsWeekly」誌に話している。

ターシャの妊娠のこともメディアには秘密にしていた2人は生まれてきた息子の名前を明かす予定もないという。

共通の友人を通じて知り合い2013年から交際をスタートしたという2人だが普段ジョセフは自身のプライベートについて話すことはほぼなく、ターシャのことをあるインタビューで口にした際、「ショービズ界」の人間ではないし、そこに加わる気もないと話していた。

「僕には恋人がいるけど、そのことを公共の場で話すのはあまり好きじゃないんだ」「僕が付き合っている子もそういうことに関わりたくないし、そういう風にじろじろ見られたくないって気持ちは想像つくだろ」。

2人が交際を始めた当初、ある関係者は「ターシャはとても知的で創造力溢れる人です。ジョセフは彼女のそんなところにとても惹かれているようですよ。とても健全でいたって普通の恋愛関係ですね」とコメントしていた。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top