【シネマ羅針盤】夏休みの大作に負けない!じんわり怖い『ナイトクローラー』は必見

最新ニュース

ジェイク・ギレンホール主演『ナイトクローラー』 ー(C)2013 BOLD FILMS PRODUCITONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • ジェイク・ギレンホール主演『ナイトクローラー』 ー(C)2013 BOLD FILMS PRODUCITONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • ジェイク・ギレンホール主演『ナイトクローラー』 ー(C)2013 BOLD FILMS PRODUCITONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • ジェイク・ギレンホール主演『ナイトクローラー』ポスタービジュアル ー(C)2013 BOLD FILMS PRODUCITONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
洋邦問わず数多くの超大作が公開され、“10年に1度の激戦”とも称されるこの夏の映画業界。そんな中、小粒だが大作に負けない注目を集めるのが『ナイトクローラー』。映像パパラッチの暗躍を描くサスペンスで、第87回アカデミー賞で脚本賞候補に挙がった秀作だ。

事件や事故現場のスクープ映像を専門に狙うパパラッチ、通称:ナイトクローラーの存在を知った主人公・ルイスは、コネも経験もないまま、安物のカメラ一台で業界に飛び込む。悪運と「ネットで学んだ」と言う交渉術を武器に、同業者やテレビ局から一目置かれる存在になると、より過激な映像を求めてその行動をエスカレートさせていく…。作品の根底にあるのは、モラルを置き去りに、視聴率のために手段を選ばないメディアへの批判だ。

同時にメディアの非道を嘆きながら、実はさらなる刺激を求めてしまう視聴者に対する皮肉や警鐘も込められている。ここまでなら、映画として決して目新しくはないが、本作は主演を務めるジェイク・ギレンホールの怪演と、貧困や格差といった社会環境がルイスという怪物を生んでしまう悲劇、さらには怒りを飛び超え、もはや笑うしかない“ハッピーエンド”が夜の闇に混ざり合い、不気味かつ美しい一種の人間ドキュメンタリーとなった。

警察無線を傍受し、いち早く現場に駆けつけ“獲物”を狩るナイトクローラーの生態には驚かされるばかりだが、その一方でいまや、記者がバラエティ番組や芸能人のSNSにかじりつき、いわばcrawl=徘徊し、ささっとニュースが生まれてしまう現状もある(最近なら日曜のお昼過ぎ)。かつて流行した女性タレントのスッピン公開など最たる例で、「ファン絶賛」の白々しい見出しには、スクープを狙う狩人たちとはまた別の薄気味悪さがあった。

次々とニュースが消費され、しかも誰もが情報を発信できる現代。その構造はより複雑で息苦しいものになりつつある。『ナイトクローラー』は、情報過多の渦中にいる私たちに、ニュースとの付き合い方を見つめ直すきっかけを与えてくれる、今夏の必見作である。

『ナイトクローラー』は8月22日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか全国にて公開。
《text:Ryo Uchida》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top