「EXILE」SHOKICHI、『トランスポーター』で主題歌担当!

映画

「EXILE」SHOKICHI/『トランスポーター イグニション』-(C)2014 - EUROPACORP - TF1 FILMS PRODUCTION/Photo:BrunoCalvo
  • 「EXILE」SHOKICHI/『トランスポーター イグニション』-(C)2014 - EUROPACORP - TF1 FILMS PRODUCTION/Photo:BrunoCalvo
  • 『トランスポーター イグニション』-(C)2014 - EUROPACORP - TF1 FILMS PRODUCTION/Photo:BrunoCalvo
  • 『トランスポーター イグニション』-(C)2014 - EUROPACORP - TF1 FILMS PRODUCTION/Photo:BrunoCalvo
  • 『トランスポーター イグニション』-(C)2014 - EUROPACORP - TF1 FILMS PRODUCTION/Photo:BrunoCalvo
  • 『トランスポーター イグニション』-(C)2014 - EUROPACORP - TF1 FILMS PRODUCTION/Photo:BrunoCalvo
  • 『トランスポーター イグニション』ー(C)2014 ー EUROPACORP ー TF1 FILMS PRODUCTION/Photo:BrunoCalvo
  • 『トランスポーター イグニション』-(C)2014 - EUROPACORP - TF1 FILMS PRODUCTION/Photo:BrunoCalvo
  • 『トランスポーター イグニション』-(C)2014 - EUROPACORP - TF1 FILMS PRODUCTION/Photo:BrunoCalvo
リュック・ベッソン監督を始めとする、『LUCY/ルーシー』『96時間』シリーズの製作陣が新たに贈る『トランスポーター イグニション』。観る者すべてのハートに火をつける“ボディ&ライド”アクションとなる本作の日本版主題歌を、「EXILE」のSHOKICHIが書き下ろしで手掛けることが決定。タイトルも映画と同じ「IGNITION」に決まった。

愛車アウディを駆るプロの運び屋フランク(エド・スクレイン)の今回の依頼品は、ブロンドに輝く3人の美女。だが、報酬は彼の父親の命であり、その期限は12時間に迫っていた。自らのルール、愛、父親の命の間で揺れる天才運び屋は、絶体絶命の危機に直面する…!

数々のスターを生み出してきたリュック・ベッソンが、ジェイソン・ステイサムの代名詞的ヒット作となった『トランスポーター』の2代目フランク・マーティンに、圧倒的才能を持つアクション界の新星エド・スクレインを抜擢した本作。

今回、その主題歌を担当することになったのは、「EXILE」のSHOKICHI。主人公フランク・マーティンが有する3つの魅力、“スーツが似合う”“肉体的な魅力に溢れ、アクション(ダンス)ができる”“寡黙な男気を持つ”を兼ね備えたアーティストして依頼した。

主題歌のタイトルは、「IGINITION」。SHOKICHIさん自ら、本作を観た直後に感じた熱い想いを歌詞とメロディにのせ、映画の世界観を楽曲で表現した。書き下ろされた楽曲には、「真っ黒なシート」「デリバリー」「パッケージ」などの映画に関連する言葉が満載。最も盛り上がるサビ部分には、「イグニション」から始まり「トランスポーター」という言葉が印象的に連なり、まさに日本版主題歌と呼ぶにふさわしい楽曲に仕上がっている。

SHOKICHIさんは、「(本作を)観た熱のまま楽曲制作に入ったので、映画にあるワードを歌詞に盛り込むこともでき、まさに映画で感じた熱を楽曲として表現することができたと思います。プロの運び屋というトランスポーターの世界観とアクション満載のスピード感、スケール感、そして爽快感をイメージし、所々エッジを利かせながら、激しい部分や、甘い部分を使い分け、音楽の中にストーリーも表現しています」と、こだわりをコメント。

さらに、「楽曲と映画のタイトル『イグニション』の『点火する』という意味の通り、聴く人たちのハートに火をつけて、最高にアツくなれる楽曲が完成しました」と語り、確かなアツい手応えを覗かせている。

『トランスポーター イグニション』は10月24日(土) より新宿バルト9ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top