野村萬斎監修で三島由紀夫の近代能楽が現代劇に!倉科カナが“大変身”?

最新ニュース

倉科カナ/「道玄坂綺譚」制作発表会見
  • 倉科カナ/「道玄坂綺譚」制作発表会見
  • 平岡祐太、倉科カナ/「道玄坂綺譚」制作発表会見
  • 「道玄坂綺譚」制作発表会見
  • 「道玄坂綺譚」制作発表会見
  • 「道玄坂綺譚」制作発表会見
  • 「道玄坂綺譚」制作発表会見
  • 「道玄坂綺譚」制作発表会見
  • 「道玄坂綺譚」制作発表会見
野村萬斎が企画・監修を務める現代能楽集の第8弾で三島由紀夫の近代能楽集「卒塔婆小町」「熊野(ゆや)」を現代劇にまとめた「道玄坂綺譚」の制作発表会見が9月9日(水)に開催された。

会見には萬斎さんに加え、キャスト陣から平岡祐太、倉科カナ、眞島秀和、水田航生、根岸拓哉、一路真輝、そして演出のマキノノゾミが出席した。

三島が能楽の特性を生かしつつ、昭和の物語として描いた作品をさらに平成の現代に置き換えて描く。渋谷のネットカフェを舞台に、そこに長期滞在する年齢不詳の女、家出少女、金持ちの実業家が交錯し、現実と幻想の世界を行き来する。

萬斎さんは「能楽は、故事に依りながら、現代劇では扱いにくい権力者を扱ったり、絶世の美女が出てきたり、キャラクターライズされた『ありえない!』という大胆な飛躍が魅力」と語り、本作に関しても「権力やお金の話など現代を映し出すと思います」と期待を寄せる。

家出少女の熊野を演じる倉科さんは萬斎さんの言葉に「大変身だったり『ありえねー(笑)!』というのは確かにあると思います。融合して入り乱れる2つの物語をどう表現するのか? 今から楽しみです」と意気込みを語った。

平岡さんは「三島さんの『卒塔婆小町』を読んで、不思議なお話で理解しがたい展開もあるのですが、説得しようとせずに説得してしまうような言葉の美しさがあるのを感じました。三島さんの言葉が強く、ワンフレーズごとに情景が浮かんできます」と語る。

演出のマキノさんは「2本を1本にするというのはめんどくさいんですが(笑)、お客さんに次に何が起こるのかを予測させない効果があると思います。つねに驚いて楽しんでいただければと思います」と語り、“ありえない”展開の表現に関しても自信をのぞかせていた。

「道玄坂綺譚」は世田谷パブリックシアターにて11月8日(日)より開幕。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top