竹野内豊、江口洋介と初共演も…「まるで漁師」の変身ぶりにしばらく気づかず?

最新ニュース

竹野内豊&江口洋介/『人生の約束』完成報告会見
  • 竹野内豊&江口洋介/『人生の約束』完成報告会見
  • 竹野内豊/『人生の約束』完成報告会見
  • 江口洋介/『人生の約束』完成報告会見
  • 竹野内豊/『人生の約束』完成報告会見
  • 松坂桃李/『人生の約束』完成報告会見
  • 高橋ひかる/『人生の約束』完成報告会見
「池中玄太80キロ」シリーズなど数多くの名作ドラマを演出したテレビドラマ界の巨匠・石橋冠監督の映画デビュー作『人生の約束』の完成報告会見が10月1日(木)、都内で行われ、本作で初共演を果たした竹野内豊と江口洋介が顔をそろえた。

富山県射水市(いみずし)の新湊地区で、毎年10月1日に行われる伝統の曳山(ひきやま)まつりを題材に、人々の“つながり”がもたらす絆と再生を問いかけるヒューマンドラマ。IT関連企業のCEOを務める主人公・中原祐馬(竹野内さん)が帰郷し、亡き親友の義兄(江口さん)らと出会い、祭りで盛り上がる故郷の熱気に触れながら、魂を浄化させる姿が描かれる。

「子どもの頃から家族と一緒に『池中玄太80キロ』を楽しんでいた」とふり返る竹野内さんは、「あんなすごいドラマを生んだ石橋さんの、しかも映画デビュー作に参加させてもらうのはとても光栄」と感無量の面持ち。「人の喜び、悲しみ、生き方を考えさせる作品。ただ、あまりに奥深いので、真に理解できるのは10年後、20年後かもしれない」としみじみ語っていた。

一方、江口さんはロケ地・新湊で短髪の男性を多く見かけたことをきっかけに、自身の提案で役者人生初の角刈りでこん身の役作り。竹野内さんも「最初、江口さんだと気づかなかった」というほど、すっかり地元の漁師と見紛う“なりきり”ぶりだったのだとか。江口さんと石橋監督は、WOWOWのドラマW「なぜ君は絶望と闘えたのか」以来のタッグで、「冠さんのイメージそのものの脚本。現場でも自然と体が動いた」と喜びを語った。

そんなふたりの初共演について、石橋監督は「まるで水と油、散文詩と韻文詩のような関係」だと表現し、「竹野内さんとは初めてだったが、とても繊細な役者さんなので、こちらから演技を強要せず、すべてお任せした。そのせいで悩んだ部分もあると思うが、竹ちゃん(竹野内さん)のドキュメンタリーのような映画になった」と話していた。

会見には松坂桃李、優香、第14回全日本国民的美少女コンテストグランプリの高橋ひかる、柄本明、「池中玄太80キロ」シリーズの西田敏行が同席した。

『人生の約束』は2016年1月9日(土)から全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top