【今週末公開の注目作】『バクマン。』『パパが遺した物語』ほか

最新ニュース

『バクマン。』-(C)2015映画「バクマン。」製作委員会 (C)大場つぐみ・小畑健/集英社
  • 『バクマン。』-(C)2015映画「バクマン。」製作委員会 (C)大場つぐみ・小畑健/集英社
  • 『屍者の帝国』-(C)Project Itoh & Toh EnJoe / THE EMPIRE OF CORPSE
  • 『パパが遺した物語』 (c)2014 FATHERS & DAUGHTERS NEVADA, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
  • 『バクマン。』-(C)2015映画「バクマン。」製作委員会 (C)大場つぐみ・小畑健/集英社
  • 『屍者の帝国』-(C)Project Itoh & Toh EnJoe / THE EMPIRE OF CORPSES
  • 『パパが遺した物語』 ー(C)2014 FATHERS & DAUGHTERS NEVADA, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
佐藤健&神木隆之介のW主演作や、名優ラッセル・クロウ主演最新作など、注目作が目白押しの今週末公開の作品の中から、シネマカフェ編集部がピックアップしたオススメの作品をご紹介。今週末、あなたはどの作品を観に行く?

■『バクマン。』

高い絵の才能を持つ、真城最高(サイコー)。巧みな物語を書く、高木秋人(シュージン)。クラスメイトの亜豆美保(アズキ)への恋心をきっかけに、二人はコンビを組み、週刊少年ジャンプの頂きを目指す。編集者・服部に見いだされた最高と秋人。次々と生み出されていく漫画。だがそこに立ちはだかるジャンプ編集部。新進気鋭のライバルたち。そして突如現れ、遥か先を走り始めた若き天才漫画家・新妻エイジ。果たして二人はジャンプの頂点に立つことができるのか――。

佐藤健と神木隆之介がW主演を務める『バクマン。』が今週公開を迎える。ヒロイン役の『渇き。』『ディストラクション・ベイビーズ』の小松菜奈や、染谷将太、桐谷健太、山田孝之、宮藤官九郎、リリー・フランキーら豪華キャスト陣が勢ぞろい。監督・脚本を手掛ける『モテキ』『恋の渦』の大根仁の演出にも注目。

『バクマン。』は、10月3日(土)より全国にて公開。



■『屍者の帝国』

“死体蘇生技術”が発達し「屍者」を労働力として活用している19世紀末のロンドン。有能な医学生ジョン・ワトソンは、英国政府の秘密組織「ウォルシンガム機関」に伝説の書物「ヴィクターの手記」の捜索を命じられる。それには、まるで生者のように意思を持ち言葉を話すオリジナルの屍者「ザ・ワン」を生み出す究極の技術が記されているという。すべての行動を記録する屍者フライデーを伴い、ワトソンの「ヴィクターの手記」をめぐる壮大な旅が始まる――。

夭折の作家・伊藤計劃の長編3作品を映画化する「Project Itoh」の第一弾『屍者の帝国』。声優陣には『心が叫びたがってるんだ。』の細谷佳正、「ハイキュー!!」の村瀬歩、「PSYCHO-PASS サイコパス」の花澤香菜ら。壮大な冒険譚をぜひ週末に。

『屍者の帝国』は10月2日(金)より公開。



■『パパが遺した物語』

小説家のジェイクは、溺愛していた7歳の娘ケイティと引き離されてしまう。交通事故を起こし、同乗していた妻が亡くなり、ジェイクも入院することになったのだ。7カ月後に退院したジェイクはケイティに、これからは「ずっと一緒」と約束する。20年後、大学院で心理学を学ぶケイティは、ジェイクの小説を敬愛する作家志望のキャメロンと出会い、恋におちる。ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするが──。

『グラディエーター』の名優ラッセル・クロウ主演最新作『パパが遺した物語』も今週公開。監督は、『幸せのちから』のガブリエレ・ムッチーノ。『テッド2』『PAN ネバーランド、夢のはじまり』と出演作が続くアマンダ・セイフライドの熱演にも期待したい。

『パパが遺した物語』は、10月3日(日)より新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top