30の島々から伝統料理や食器が集結!「離島キッチン」神楽坂にオープン

最新ニュース

“離島キッチン”プロジェクトの拠点となる飲食店型アンテナショップが東京・神楽坂にオープン
  • “離島キッチン”プロジェクトの拠点となる飲食店型アンテナショップが東京・神楽坂にオープン
  • “離島キッチン”プロジェクトの拠点となる飲食店型アンテナショップが東京・神楽坂にオープン
  • “離島キッチン”プロジェクトの拠点となる飲食店型アンテナショップが東京・神楽坂にオープン
  • “離島キッチン”プロジェクトの拠点となる飲食店型アンテナショップが東京・神楽坂にオープン
  • “離島キッチン”プロジェクトの拠点となる飲食店型アンテナショップが東京・神楽坂にオープン
  • “離島キッチン”プロジェクトの拠点となる飲食店型アンテナショップが東京・神楽坂にオープン
  • “離島キッチン”プロジェクトの拠点となる飲食店型アンテナショップが東京・神楽坂にオープン
  • “離島キッチン”プロジェクトの拠点となる飲食店型アンテナショップが東京・神楽坂にオープン
東京・神楽坂に、国内約40の島々の伝統料理や食器などが集う「離島キッチン」プロジェクトの拠点となる飲食店型アンテナショップ(東京都新宿区神楽坂6-23)がオープンした。

雄大な自然を背景に、素晴らしい資源や産品で溢れる一方、物流コストの高さや労働人口の現象などといった特有の問題を抱えている、離島。「離島キッチン」プロジェクトは、全国の島々と手を結び、それぞれの魅力を集結させることで離島の持つ問題を解決し、活性化させていくことを目的に立ち上がったものだ。

島根県・隠岐諸島のひとつ、海士町が09年にキッチンカーでの行商からスタートさせ、これまでに兵庫県の淡路島、新潟県の佐渡島、東京都の小笠原諸島、新島、鹿児島県の屋久島、奄美大島、沖縄県の石垣島など40を超える地域との交流を行っている。

今回オープンした「離島キッチン神楽坂店」は、神楽坂に元々あった一軒家を改装して造られ、まるで凛と佇む離島のような存在感と重厚感のある外観が特徴で、神社工事の足場に使用された廃材を採用するなど内装にも細やかなこだわりが施されている。

ランチタイムには、日替わりの定食、どんぶりの他、月替わりで全国の島のメニューを提供する「島の特別コース」(2,500円)が用意されている。オープン時は、海士町の特別コースとなっている。

ディナータイムには、屋久島の「鯖スモーク」や、五島列島の「鯛茶漬け」、海士町の「サザエのつぼ焼き」などの料理(350円~1,280円)の他、淡路島の「あわぢびーる」、日本酒「杯千酒」、佐渡島の日本酒「北雪」などのアルコール類や、屋久島の「ジンジャーエール」、周防大島の「ほっとハチミツ」などのドリンク(500円~)が提供される。

また、各島の食材や伝統工芸品、食器などの物販も実施。名水百選の水が流れ込む湾の海水で作られた「海士乃塩」を始めとした各離島の塩(500円~)や、屋久島の無農薬の生姜を使った「ジンジャーシロップ」(980円)、海士町の純米大吟醸「承久の宴」の酒粕を配合した完全無添加の「酒粕石鹸」(1,200円)などの特産品も販売されている。

「離島キッチン」が神楽坂にオープン。国内約40の島々から伝統料理や食器が集結

《HEW》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top