ジェニファー・アニストン、イラク戦争を描いた新作で軍人の母親役に

最新ニュース

ジェニファー・アニストン-(C)Getty Images
  • ジェニファー・アニストン-(C)Getty Images
  • ジェニファー・アニストン
  • ジェニファー・アニストン-(C)Getty Images
ジェニファー・アニストンが新作『The Yellow Birds』(原題)に出演することが決まった。

ジャック・ヒューストンの出演も決定したと「Empire.com」が報じているこのイラク戦争をテーマにした作品には当初、ベネディクト・カンバーバッチも出演する予定であったが、スケジュールの折り合いが合わずに降板していた。

元軍人ケヴィン・パワーズ著作の小説「イエロー・バード」を基にしたこの映画作品は、戦闘配置準備のためのブートキャンプで知り合い、恐ろしい戦争を共に駆け抜けていく若い2人の軍人に焦点を当てたストーリーとなっている。

今回出演が決まったジェニファーはタイ・シェリダン演じる若い軍人マーフィーの母親役、ジャックはスターリング軍曹をそれぞれ演じる方向で、オールデン・エアエンライクがもう1人の若い兵士バートル役に決まっている。

デイヴィッド・ロウリーが脚色、アレキサンダー・ムーアズ監督がメガホンを取ることが決まっている同作は来年にも撮影がスタートする予定だ。

現在ジェニファーはジュリア・ロバーツやケイト・ハドソンらと『Mother's Day』(原題)の撮影に勤しんでおり、ロバート・デ・ニーロと共演する『The Comedian』(原題)の撮影も決まっている。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top