ミラ・ジョヴォヴィッチ&ケイト・ブランシェット、最強のママ女優はどっち!?

映画

『サバイバー』(c)2015 SURVIVOR PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.&『ミケランジェロ・プロジェクト』 - (C) 2014 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
  • 『サバイバー』(c)2015 SURVIVOR PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.&『ミケランジェロ・プロジェクト』 - (C) 2014 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
  • 『サバイバー』(c)2015 SURVIVOR PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『サバイバー』(c)2015 SURVIVOR PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『サバイバー』(c)2015 SURVIVOR PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『サバイバー』(c)2015 SURVIVOR PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ミケランジェロ・プロジェクト』 - (C) 2014 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
  • 『ミケランジェロ・プロジェクト』 - (C) 2014 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
  • 『ミケランジェロ・プロジェクト』 - (C) 2014 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
今春に第2子を授かり、現在『バイオハザード』シリーズの最終章を撮影中、最新作『サバイバー』の公開が控えるミラ・ジョヴォヴィッチ。また、同じく今春に第4子となる養女を迎えたばかりの『ミケランジェロ・プロジェクト』のケイト・ブランシェット。この秋は、女優としても第一線で活躍するママたちが、それぞれの“現場”で戦っている様子。最強の“ママ女優”2人を、それぞれの最新作の場面写真と共にシネマカフェがご紹介!

■ミラ・ジョヴォヴィッチ「アクションが止まらない!」
『フィフス・エレメント』でセンセーショナルなデビューを果たし、『バイオハザード』シリーズの“アリス”が代名詞となっているミラ。一転、本作でミラが演じたのは、ロンドンの米国大使館で働くエリート外交官のケイト・アボット。軍隊経験もあり、アメリカへの不正入国を狙うテロリストたちを阻止することが任務という、まさに戦う女性! 対する悪役は、先代の“ジェームズ・ボンド”ことピアース・ブロスナンだ。

現在39歳のミラは、夫であるポール・W・S・アンダーソン監督との間に第2子となる女児を出産したばかり。4月1日には、自身のインスタグラムで女児の写真を投稿して話題となった。出産の影響で、日本からローラが参加していることでも話題の完結編『バイオハザードVI:ザ・ファイナル』の撮影を延期したことも記憶に新しい。ミラは、「ケイトのサバイバル能力は、彼女の賢さからくるの。とても論理的な思考力の持ち主だわ。アクションが始まるともう止まらない!」と語っており、まさに、女も惚れる聡明な女戦士といったところだ。

■ケイト・ブランシェット「崇高な理想に突き動かされた」
現在46歳、天才肌の演技派にしてアカデミー賞女優のケイトは、今春、第4子となる養女を迎え、実に3人の息子と1人の娘という4人の子どもたちのママとなった。昨年、『ブルージャスミン』でアカデミー賞「主演女優賞」を受賞して以降、『ホビット 決戦のゆくえ』『シンデレラ』、そして本作とコンスタントに映画出演を続けている。

ジョージ・クルーニーが製作・監督・脚本・主演の4役を務めた本作は、ナチス軍に奪われた美術品を取り返すため立ち上がった特殊部隊の実話を映画化。ケイトが演じたのは、略奪品の搬送先を緻密に記録し続けた、勇敢な国立美術館学芸員クレア・シモーヌ役。無数の貴重なアートが埋蔵されている場所への鍵を握る女性で、ジョージやマット・デイモンら特殊部隊の活動を大きく飛躍させた人物がモデルという。

ケイトは「彼らは崇高な理想に突き動かされていた。世界中の美術館、博物館で目玉として展示されてきた素晴らしい作品の数々は、彼らが奪還したものなの。それは幾度となく不可能と思われた任務だったわ。実際彼らの行いは勇敢で、私心がなく、驚くべきことだったのよ。彼らが守ったのは歴史なのですから!」と語り、誇り高き女戦士として、穏やかでも激しい知能戦に挑んでいく。

『サバイバー』は10月17日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開。

『ミケランジェロ・プロジェクト』は11月6日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top