【MOVIEブログ】2015東京国際映画祭 Day2

最新ニュース

【MOVIEブログ】2015東京国際映画祭 Day2
  • 【MOVIEブログ】2015東京国際映画祭 Day2
昨夜はなんだかんだで就寝5時。朝、目覚めた瞬間、あまりにも深く眠った気がしたので「やばい寝坊した!」と慌てたら、予定の9時半だった。5時間寝られれば大丈夫。天気も大丈夫みたいだし、気合い入れて事務局へ。

今日の動きの確認も済まないうちに、あっという間に11時。インターFMさんからのインタビュー。んー、頭の回転と口の動きが上手くかみ合わない。ちゃんと使ってもらえるといいのだけど。

12時から、日本テレビの番組の取材。こちらはカメラが廻る緊張案件。ボケ顔をさらすのは心苦しいのだけど、使いものになることを願いしつつ、必死に話してみる。んー、頭の回転が鈍いのが自覚できる。いかん。

12時45分からの予定に、5分遅刻。「日本映画スプラッシュ」の審査員の方々にご挨拶とご説明。台湾のジー・ホアンさん、ロカルノのマーク・ベランソンさん、そして渡辺真起子さん!真起子さんの審査員参加は本当に嬉しくて光栄です。作品選定プロセスや、賞の説明を簡単に行い、よろしくお願いしますと最敬礼。

13時10分に劇場の控室へ行き、『知らない、ふたり』のみなさんにご挨拶! 始まったよ、スプラッシュも! 今泉監督、主演のレンさん、青柳文子さん、韓英恵さん、そして芹沢興人さんのみなさんがお揃いで、華やかだ!

13時20分から、上映前の舞台挨拶で、僕はその司会。主演のレンさんは、韓国のボーイズグループ「ニューイースト」のメンバーで、とても日本語が上手。昨夜のパーティーでもご挨拶したのだけど、こちらが緊張してしまうくらい、丁寧で礼儀正しい。銀髪のイケメンで、素敵だ。芹沢さんもひょうひょうとした持ち味を発揮したコメントで僕は嬉しい。そして、今回の僕の目的は韓英恵さんにご挨拶することだったので(監督ごめんなさい)、実現してうれしい!韓さん、本当に素晴らしい女優へと進化中なので、大注目です。

上映前挨拶が終わり、事務局へ戻り、弁当を食べて一息ついて、15時まで作業確認。

15時に劇場に戻り、今泉監督をお迎えして『知らない、ふたり』のQ&A。2年前の『サッドティー』のQ&Aがあまりにも面白かったので、今回また今泉監督とトークできることをとても楽しみにしていたのだ。そして、やはり楽しかった! 韓国のアイドルグループの映画を作る企画をもらったとき、「難病ものを作ればいいんですね?」と答えたら、「全くそんな必要はないです」と返されたという、作品の起源をめぐる爆笑のエピソード&トーク。

ここまで書いて、Q&Aの面白かった内容は夜詳しく書こうと思って劇場へ。

(10時間経過)。夜に細かい事件が連続し、対策に追われ、現在2時半。盛りだくさんの夜だったのだけれど、力が尽きそうなので、ここから手抜きの箇条書きで失礼!

・17時から、『シーズンズ 2万年の地球旅行』の上映前舞台挨拶司会。ジャック・クルーゾー監督をお迎えし、30分間たっぷりとお話を伺う。ああ、もう1回見たい。

・国際交流基金主催のパーティーが行われているので、ほんの一瞬だけ会場に行き、滞在時間15分で職場に戻る。

・19時45分から、コンペ『地雷の少年兵』のQ&Aへ。この作品かなり観客の心に響いたみたいだ! 会場の張りつめた雰囲気に、心の中でガッツポーズ。監督のマーチン・ピータ・サンフリトさんとは、壇上で初対面。映画の話をとても丁寧にしてくれる。そして、鬼軍曹役のローラン・モラーさんは、映画の中とは想像もできないキャラで登場し、会場もびっくり。いや、上映後の緊張した雰囲気をローランさんが一気に和ませてくれたのではないかな?僕も聞きたいことがたくさんあったので、自ら質問をしてしまった。いくつもの感動的なエピソードや、深い考えを聞かせてくれる。改めて、この作品の素晴らしさに胸が痛くなる…。

・20時50分から『友だちのパパが好き』の上映前舞台挨拶司会。山内ケンジ監督、吹越満さん、岸井ゆきのさん、安藤輪子さん、石橋けいさんが、揃ってご登場。サービス精神溢れる吹越さんのコメントにも乗せられ、楽しい上映前トークになった! 今日はQ&Aに立ち会えないので、監督とゆっくりお話しできないのが残念だけれど、後日もう一度チャンスがあるはず。

・21時半に戻ると、小事件発生。しばらく修正を図る。

・23時から、コンペの『ぼくの桃色の夢』の上映後QA&。23時を回っているのに、とても多くのお客さんがQ&Aに残ってくれている。本当にこれほど嬉しいことはない。ハオ・ジエ監督、「自伝的映画だけど自伝映画ではない」と当初は聞いていたのだけど、壇上で聞いてみると85%が自伝的とのことで、そうだったのか!

この作品の前半と後半の転調はとても素晴らしいのだけど、その背景を説明してくれたり、文化的な時代の背景を話してくれたりして面白い。特に青少年の健全な性欲が害悪とみなされていた時代の、抑圧された気分についての話は身につまされる。その屈折を、とても鮮やかな形で描く本作はやはり独特で素晴らしい。もっと深く話を聞いていたい。そして、主演のバオ・ベイアルさんは、見ているだけでほんわかした気分になってくる。話も面白い。女優のスン・イーさんも美しい!

ああ、もはや、「面白い」とか「美しい」とかしか浮かばなくなってきた。0時に戻った後は、小事件の処理に2時間半かかり、そしたら別件の小事件が入り、目下4時。んー、実質初日にして、大充実の時間と、むむむの時間のアップダウンの激しい日! しかし、ぼちぼち限界。あがります。

(写真は、『ぼくの桃色の夢』のみなさん!)
《矢田部吉彦》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top