高低差7500m!過酷なレース「グランカナリア横断マラソン」

最新ニュース

グランカナリア横断マラソン
  • グランカナリア横断マラソン
地域のほぼ半分がユネスコの生物圏保護区に指定されているグラン・カナリア島の美しい火山景観を走り抜けるレース“トランス・グラン・カナリア”。

グラン・カナリア島の中心を横断し、火山地形の美しい景色を125キロメートルにわたって走る。3/4~6開催。コースには高低差が合計で7500メートルあり、完走には24時間から30時間を要す。
グランカナリア横断競争のほかにも、15~82キロメートルまでの短い距離のレースに参加することもできる。TGCコースは過酷なレースとして有名だ。

・グラン・カナリア島とは北緯28度付近にある面積約1,500 km2、周囲約200kmのこの島は、奄美大島と多くの共通点を持っており、多様な景観から「ミニチュアの大陸」と呼ばれている。

高低差7500mの過酷なレース「グランカナリア横断マラソン」

《グルヤク編集部》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top