チャーリー・シーン、元婚約者の“殺害”を宣言?

最新ニュース

チャーリー・シーン-(C)Getty Images
  • チャーリー・シーン-(C)Getty Images
  • チャーリー・シーン(C)Getty Images
  • チャーリー・シーン-(C)Getty Images
  • チャーリー・シーン
チャーリー・シーンが元婚約者を殺害するために2万ドル(約224万)支払っても惜しくないと発言していたようだ。

昨年HIV感染者であることを公にしたチャーリーに対し、2014年に破局した元恋人ブレット・ロッシが暴行、HIV感染の危険にさらされたとして裁判を起こした後、チャーリーはブレットに暴行を加えようとしていたようだ。

「National Enquirer」誌が入手し、「Radar Online」に渡された35分間の録音テープには、チャーリーと思われる人物がブレットではない別の元恋人の女性に自分のプランを語っている声が録音されている。そこでは「あいつは闇に葬られるべきだ。クソ野郎め。俺は金をゆすられるなんてごめんさ。これは反逆だよ。反逆の意味、分かるか? これは死をもって罰せられるべきだな。俺はあいつを殺害するために2万ドル支払うのも惜しくないね。そうすればみんな気がつくはずさ」と話しているのだ。

ブレットはチャーリーと避妊せずに5回セックスを行い、HIV治療薬を見つけるまで、チャーリーからHIV感染者である事実を伝えられていなかったとして昨年、500万ドル(約5億6000万円)を求める訴訟を起こしていた。

2人は2013年から2014年の間交際し、一時的に婚約もしていたのだが、ブレットはチャーリーから妊娠中絶を強いられたり、身体的な暴行も受けていたとも話している。

チャーリーはこのブレッドの主張をすべて否定しており、100万ドル(約1億1,200万円)での示談も断ったと言われている。

昨年11月、米TV番組「トゥデイ」の生放送でチャーリーは自身がHIV感染者であることを告白していた。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top