【特別映像】チュウォンは“カステラ男子”? 『あいつだ』キャスト3人クロスインタビュー到着

韓流・華流

主演・チュウオン/『あいつだ』 (C)2015 SANG SANG Film. All Rights Reserved.
  • 主演・チュウオン/『あいつだ』 (C)2015 SANG SANG Film. All Rights Reserved.
  • 薬剤師ミン/『あいつだ』 (C)2015 SANG SANG Film. All Rights Reserved.
  • 霊能者シウン/『あいつだ』 (C)2015 SANG SANG Film. All Rights Reserved.
  • 『あいつだ』 (C)2015 SANG SANG Film. All Rights Reserved.
  • 『あいつだ』 (C)2015 SANG SANG Film. All Rights Reserved.
  • 『あいつだ』 (C)2015 SANG SANG Film. All Rights Reserved.
映画、ドラマと幅広く活躍する実力派若手俳優チュウォンが主演を務める、実話を基にした“リベンジスリラー”『あいつだ』。このほど、4月16日(土)に迫った公開を前に、チュウオンと共演のユ・ヘジン、イ・ユヨンがそれぞれ質問し合うクロスインタビューの映像が解禁となった。

田舎の漁村で暮らす孤独な兄妹のジャンウ(チュウォン)とウンジ(リュ・ヘヨン)。両親の亡き後、ジャンウは最愛の妹ウンジを養うために必死で働いていた。ある日突然、姿を消したウンジは、3日後、ジャンウの仕事場で遺体となって発見される。そして、ウンジの魂を慰める“救魂祭”が行われる中、不審な男を発見するジャンウ。足早に立ち去ったその男が犯人であると確信したジャンウは、他人の死を予知する特異能力を持つ女性シウン(イ・ユヨン)の協力を得て男の行方を追い、薬剤師のミン(ユ・ヘジン)に辿り着く――。

高視聴率を叩き出したドラマ「ヨンパリ」で“視聴率王子”の異名を持ち、昨年は映画『ファッションキング』でもコミカルなキャラクターで主演を務め、日本でも抜群の人気を誇るチュウォン。そして、ファン・ジョンミン主演『ベテラン』で好演を見せ、海洋アクションアドベンチャー『パイレーツ』では第51回大鐘賞映画祭、第1回韓国映画制作者協会賞「助演男優賞」を獲得した名優ユ・ヘジン、現在公開中のチュ・ジフン主演『背徳の王宮』でも官能的な演技を披露するイ・ユヨンと、多彩な実力派キャストで贈る本作。

今回解禁された映像は、この3人によるクロスインタビューで、シリアスで衝撃的な本編とは打って変わって、和気あいあいとした雰囲気の中、それぞれがそれぞれに質問をぶつけている。


特に、劇中では鬼気迫る神経戦を繰り広げる主人公ジャンウ役のチュウォンと、犯人らしき男ミン役のユ・ヘジンだが、インタビュー中は、「今回は8キロほど増やしました。たくさん食べて鍛えました」と語るチュウォンのコメントに積極的に相づちを打つユ・ヘジン。しかも、チュウォンの実際のキャラクターは、例えるなら「カステラのよう」と言ってイジるなど、仲の良さを垣間見せていた。一方、チュウォンも、そんな大先輩からの「常に変わらず、良いやつ」というコメントに照れ笑いし、可愛らしいリアクションで応じているのもポイント。

また、本作では霊能力者として妖しげな雰囲気をまとった女性を演じ、不気味ともいえる“憑依”演技を見せていたイ・ユヨンだが、本映像ではチャーミングな笑顔が印象的。ユ・ヘジンがジョークを交えながら「幽霊や幻影を見る役だけど、役作りで気をつけた点は?」と尋ねると、大ウケしながらも「自分では経験のないことだったのでドキュメンタリーを見ました。自分に霊能力があると思って演じましたね」と真摯にコメント。チュウォンに「本当に能力があるとして、この映画がヒットするかどうか見えますか?」と聞かれた際には、「大ヒットです!」と間髪入れず答えていた。

『あいつだ』は4月16日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top