“ふた口の贅沢”…パリで話題のシュークリーム専門店がNEWoManにオープン!

最新ニュース

アラン・デュカスがプロデュースするシュークリーム専門店「choux d'enfer PARIS(シュー・ダンフェール パリ)」が4月15日NEWoManにオープン!
  • アラン・デュカスがプロデュースするシュークリーム専門店「choux d'enfer PARIS(シュー・ダンフェール パリ)」が4月15日NEWoManにオープン!
  • choux d'enfer PARIS 6個セットのグルマン (専用BOX付き)
  • 工房一体型となったchoux d'enfer PARIS のパリ店
  • choux d'enfer PARISは出来立てのシューを提供
  • choux d'enfer PARIS 3個セットは 「トラディション」と「セゾン」の2種
JR新宿駅新南口直結のルミネの新商業施設「NEWoMan(ニュウマン)」にて、4月15日(金)にシュークリーム専門店「choux d'enfer PARIS(シュー・ダンフェール パリ)」がオープンした。フランスの料理業界を牽引するカリスマシェフ、アラン・デュカスがプロデュースする、パリジャンが愛する“ふた口の贅沢”を体現する新感覚シュークリームに、スイーツラバーから熱い視線が送られている。

「choux d'enfer PARIS」は、シュー菓子をこよなく愛するアラン・デュカスが、2014年に立ち上げたシュークリーム専門店。自家製クリームがたっぷり詰められたサクサクのシュー生地に、味のアクセントとしてカリカリのローストナッツやあられ糖がトッピングされた、フランスの伝統的なシュークリームを提供する。日本でなじみ深いシュークリームとはひと味もふた味も違う新感覚なシュー菓子だ。

シューは全6種を用意。パリ店と同じ伝統的なフレーバーとして、ショコラ、キャラメル、アグリュム(柑橘系)のほか、日本での展開にあたり、アラン・デュカス監修のもと「choux d'enfer PARIS」チームが作り上げた日本限定フレーバーとして、カスタード、抹茶、さくらの3種を用意。さくらは、5月末までのシーズンフレーバーで、今後も約2か月ごとに、シーズンフレーバーが入れ替わる。

店舗は、パリ本店同様に工房一体型となっており、作り置きはせずに出来立てを提供する。商品は、3個セットのトラディション(ショコラ、キャラメル、アグリュム)313円とセゾン(カスタード、抹茶プレミアム、さくら)367円の2種と、6個セットのグルマン 734円(専用BOX付き)を用意。

オープン前から行列が予想されている話題店だが、ぜひいち早く本場パリのシュークリームの味わいを楽しんで。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top