舞台「ダンガンロンパ」、新たなモノクマはTARAKO!大山のぶ代も応援

最新ニュース

独自の世界観と毒の効いた展開で人気を誇っている「ダンガンロンパ」シリーズ。そのマスコットにして恐怖の対象でもあるモノクマを大山のぶ代に代わり、新たにTARAKOが演じることが発表された。
TARAKO演じる新生モノクマは、6月より公演される舞台『ダンガンロンパTHE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~2016』で初めて公の場に現れる。

『ダンガンロンパ』シリーズはスパイク・チュンソフトから発売されたハイスピード推理アクションゲーム。「超高校級の才能」を持つ高校生だけしか入学できないという希望ヶ峰学園。登場人物たちはそこに閉じ込められ、「学園の中で一生暮らし続けること、外に出たければ誰か他の生徒を殺さなければならない」という恐ろしいルールを強いられる。
ゲームは1と2が発売され大人気を博した。2012年にはゲームのキャストがそのまま出演し、アニメ化されている。積極的なメディアミックスで、キャラクターも大人気だ。

今回の舞台は2014年に公演されており、ファンたちの声に応えての待望の再演だ。2016年のシリーズ展開はこれにとどまらない。7月からはオリジナルアニメ『ダンガンロンパ3-The End of 希望ヶ峰学園-』が放送開始、さらに2016年にゲームソフト『ニューダンガンロンパV3みんなのコロシアイ新学期』リリースと、新たな作品が展開されていく。
そうした中で作品の顔であるモノクマの声優交代は大ニュースだ。とりわけ声優界の大御所である大山のぶ代が演じてきた役だけに、TARAKOの新たな活躍に期待がかかる。

スパイク・チュンソフトのゼネラルプロデューサー寺澤善徳は「これまで長い間、大山のぶ代さんが愛し育ててくださった“モノクマ”ですが、この度、キャストがTARAKOさんへと交代します。“モノクマ”というキャラクターそのものが変わるということではありません。シリーズを長きに渡り支えてくださった大山のぶ代さん演じる“モノクマ”。それを大切にしながら絆ぐ形となるよう、TARAKOさん演じる“モノクマ”を僕らスタッフが全力で協力していきます。大山さんがこれからも『ダンガンロンパ』の応援をしてくださるとのこと、一同、心より感謝しておりますし、なにより心強く励みに思って邁進します。『ダンガンロンパ』ファンの皆様にも、これまでと変わらぬご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます」とコメントを寄せている。

モノクマといえばそのシルエットは、どうしても大山が演じていた「国民的猫型ロボット」を想起させる。後任のTARAKOも「国民的女子小学生」を演じており、意味深かつ絶妙なキャスティングといえるだろう。
公式サイトでは、新モノクマによる就任メッセージと大山のぶ代からの応援メッセージが公開されている。「超国民的声優」の歴史的な橋渡しを、ここで確認したい。

(C)Spike Chunsoft Co.,Ltd./希望ヶ峰学 園演劇部 All Rights Reserved.

「ダンガンロンパ」新たなモノクマはTARAKO 6月の舞台版に初登場 大山のぶ代も応援!

《尾花浩介》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top