トレエン斎藤、「重版出来!」出演でセリフ飛ぶ「毛のように抜けちゃった」

最新ニュース

「トレンディエンジェル」斎藤司/「重版出来!」(c)TBS
  • 「トレンディエンジェル」斎藤司/「重版出来!」(c)TBS
  • 「トレンディエンジェル」斎藤司/「重版出来!」(c)TBS
  • ティーチャ(年金ちゃん)/「重版出来!」(c)TBS
  • 横澤夏子/「重版出来!」(c)TBS
  • 明和電機/「重版出来!」(c)TBS
黒木華が、“スポ根”の新人漫画編集者を好演中の火曜ドラマ「重版出来!」。このほど、5月3日(火・祝)放送の第4話に、人気お笑いコンビ「トレンディエンジェル」の斎藤司をはじめ、「明和電機」、横澤夏子などお笑い芸人やアーティストが続々と出演、キャラが立ちすぎの(?)初演技を披露している。

松田奈緒子による大人気コミックを原作とする本作。「週刊バイブス」のコミック雑誌編集部を舞台に、新人編集者・黒沢心(黒木さん)が、五百旗頭(オダギリジョー)ら個性豊かな編集部員や漫画家たちのみならず、営業部の小泉(坂口健太郎)、書店スタッフらを巻き込み、一丸となって仕事に打ち込む様子を、本気で働く人たちへの愛とユーモアを込めて描く。

第4話では、新人漫画家発掘をテーマに、お笑い芸人やアーティストが続々と出演する。まず、3月27日に放送されたクイズバラエティ「リズムにノッて答えろ ザ・ピンポンブー」にて黒木さん、坂口健太郎、ムロツヨシ、要潤と同じチームで出演した「トレンディエンジェル」の斎藤さんが、このときの共演が縁で出演することに。斎藤さんはドラマ初出演で、漫画家志望の男を演じる。

また、音楽活動やライブパフォーマンスなど活動が多岐にわたるニューメディア・アーティストの「明和電機」、81歳と42歳の実の父娘によるお笑いコンビ「めいどのみやげ」から父のティーチャ(年金ちゃん)、そして、ピン女芸人の横澤夏子が大学の漫画サークル「黒百合まんが部」の部長役として登場。特に、芸人のみなさんは初の連続ドラマ出演とあって、現場では緊張を隠せない様子だったが、それぞれキャラの立った味のあるシーンが続出、堂々(?)のドラマデビューを果たしている。

初めてのドラマ出演となった斎藤さんは、撮影を終えて「自分の才能に驚いたというか、想像以上の出来でした」と余裕のコメント。黒木さんやオダギリさんとの共演に、「さすが俳優さんのオーラは違いますね! オーラがすごくて、面と向かってお芝居したとき、セリフが飛んでしまったのですが、それは自分でも想定外の出来事でした。本当にリアルにスポンと毛のように抜けちゃって…ビックリしました」と、持ちネタも忘れずに舞台裏のエピソードを明かした。

第4話では、「やはり僕の無難な演技というか『斎藤! 意外とソレもできるんだ』というところを見ていただきたいですね。今回、演じるのは漫画家志望の役なのですが、イケメンの雰囲気を残しながら、監督の期待に一生懸命応えようとしている斎藤のドキュメント…そこもぜひ注目してください!」と斎藤さんらしいナルシストな煽りで締めた。

火曜ドラマ「重版出来!」は毎週火曜22時~TBS系列にて放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top