ドリーが“顔出しNG”!? 歌姫シーアとタッグ実現!『ファインディング・ドリー』

映画

シーア風ドリー/『ファインディング・ドリー』(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • シーア風ドリー/『ファインディング・ドリー』(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『ファインディング・ドリー』(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 木梨憲武×室井滋/『ファインディング・ドリー』(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • タコのハンク/『ファインディング・ドリー』(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • ジンベエザメのディスティニー/『ファインディング・ドリー』(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『ファインディング・ドリー』(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
日本でのディズニー/ピクサー作品歴代興収No.1を誇る『ファインディング・ニモ』の待望の続編『ファインディング・ドリー』。このほど、本作の主役ドリーがいつもの可愛らしいイメージとは一変、黒髪と金髪のウイッグを被った“歌姫シーア”風になった衝撃画像が解禁となった!

迷子になったニモを探しに出た奇跡の冒険から1年後が舞台となる本作。今度は忘れんぼうのドリーと、ニモ、マーリンに新キャラクターのタコのハンクやジンベエザメのデスティニーら新しい仲間たちが、危険がいっぱいの“人間の世界”に飛び出し、ドリーの家族の秘密を探っていくことに。

今回解禁された画像では、いつもの青い体に黄色いヒレが特徴のドリーが大変身!? 黒髪と金髪が半々に分かれたこの髪型は、「アライヴ」「シャンデリア」などのヒット曲で知られ、顔を見せないというポリシーを持つ歌姫シーアのトレードマーク。ドリーも、シーアのウイッグをつけて目を隠し、そのキュートな口元しか見えない風貌になっている。

実は、忘れんぼうのドリーが、ただひとつ“忘れられなかった思い出”を探して冒険するという本作のストーリーにちなみ、エンドソングに世代を超えて愛される名曲「アンフォゲッタブル」が選ばれ、その曲をシーアが歌うことに。この奇跡の(?)タッグは、もともとシーアの大ファンだというアンドリュー・スタントン監督の熱烈なオファーにより実現したもので、シーアも「私はドリーの物語を聞くと涙が出てしまうの」と、離れ離れになってしまった家族に会いたいと願うドリーの気持ちに強く共感。そこで、ディズニー/ピクサーでは異例の、キャラクターと実在の人物がタッグを組んだ特別なビジュアルが制作されることになり、まさに相思相愛の“シーア風ドリー”が完成した。

エンドソングとなる「アンフォゲッタブル」は、伝説的ジャズシンガー、ナット・キング・コールが歌ったことで知られ、彼の実娘ナタリー・コールが亡父の音源とコラボしたことで1992年のグラミー賞最優秀レコード賞に輝いた往年の名曲。

また、シーアといえば、リアーナやビヨンセなどの有名アーティストの大ヒットソングを手掛け、現代ポップス界最大のヒット・メーカーと名高い世界的歌姫。2014年にリリースした自身のシングル「シャンデリア」は第57回グラミー賞で主要2部門を含む4部門にノミネート。最近では、新曲「アライヴ」の日本版ミュージックビデオで女優・土屋太鳳が圧巻のダンスを見せたことが記憶に新しい。

ちなみに、前作の『ファインディング・ニモ』でエンドソングに使用されたのは、ニューヨーク出身の伝説的スター、ボビー・ダーリンの大ヒット曲「ビヨンド・ザ・シー」。英国出身の世界的ポップスターで元「テイク・ザット」のロビー・ウィリアムズが歌い、ドリーとマーリンのニモを探す大冒険に感動を与えた。

スタントン監督は、今回はシーアが前作以上にスケールアップした音楽のパワーで、物語を引き立ててくれるはずだと、大きな期待を寄せている。「『ファインディング・ニモ』でロビー・ウィリアムズが、名曲に彼の持つ独特なヒネリを利かせたのと同じように、シーアもナット・キング・コールが歌った名曲『アンフォゲッタブル』の魂にあふれた本質を捉えているよ。この名曲をしっかりと彼女のモノにしていて最高さ!」と、大ファンである天才シンガーの力強い歌声に大満足。さらに「シーアとドリーは完璧にお互いを引き立て合っているね。これ以上ないほど大満足だよ」と絶賛し、ドリーの物語にぴったりの楽曲に自信を見せている。

『ファインディング・ドリー』は7月16日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top