宮沢りえ、黒木華とのサシ呑み泥酔場面がお気に入り「ベロベロ気分に」

最新ニュース

漫画家・大島弓子による原作をドラマ化したシリーズ第2弾WOWOW「連続ドラマW グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat-」の第1話完成試写会が9日(木)都内で行われ、主演の宮沢りえ、共演の長塚圭史、黒木華、前田敦子、田中泯、猫のグーグー、そして犬童一心監督が出席した。

少女漫画界の巨星・大島弓子による、自伝的コミックエッセイを再びドラマ化したシリーズ第2弾。東京・吉祥寺の井の頭公園を望む自宅兼仕事場で、グーグーとビーの2匹の猫と暮らしている人気漫画家・小島麻子(宮沢さん)を取り巻く人々の交流を描く。

宮沢さんは演じた小島を「日常をただ日常ではなく、些細なことですら特別なものにしてしまう天才」と評し「第1話を観たときに、この作品に巻き込まれていくというか、このお家の住人でありたいと思えた。作品の中に入っていきたいと思えるのは、犬童監督が、大島先生という素晴らしい人に触れさせたいというパワーが作品にあるから」と完成に自信。早くも「シリーズ第3弾を」と長寿化を期待した。

思い出深いシーンは黒木さんとのサシ呑み場面といい「色々な角度から撮る場合、表情や動きの繋がりを考えながら何回やっても同じようにしなければいけないけれど、監督は“画の繋がりは関係ない”とそこを飛び越えたものを要求するので、思い切って出来た。お酒を呑んでいないのに、ベロベロみたいな気分になった」と回想。その相手役の黒木さんも「最後の方は疲れましたよね」と頷いていた。

引き続きミナミ役で登場した黒木さんは「変わらない現場が嬉しかった。犬童監督もりえさんもそうですし、物語がずっと続いていたのではないかと思えるくらいナチュラルにミナミとして現場に入れた」と居心地のいい現場に感謝しきり。今回から登場する前田さんも「元々好きなドラマだったし、役柄と同じように現場で興奮したのを覚えている。小島先生を見る感覚が役と同じ感覚で、自分の中でリンクした」と喜ぶと、宮沢さんは「あっちゃんがドキドキしていたのは初日だけで、あっという間に馴染んでいたよね」とその打ち解けぶりを紹介していた。

WOWOW「連続ドラマW グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat-」は、6月11日(土)22:00~放送。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top