アンバー・ハード、ジョニー・デップに対する配偶者扶養料請求を取り下げ

最新ニュース

ジョニー・デップ&アンバー・ハード-(C)Getty Images
  • ジョニー・デップ&アンバー・ハード-(C)Getty Images
  • ジョニー・デップ&アンバー・ハード-(C)Getty Images
  • アンバー・ハード&ジョニー・デップ-(C)Getty Images
  • ジョニー・デップ&アンバー・ハード夫妻-(C)Getty Images
  • アンバー・ハード&ジョニー・デップ-(C)Getty Images
  • ジョニー・デップ&アンバー・ハード-(C)Getty Images
  • ジョニー・デップ&アンバー・ハード-(C)Getty Images
アンバー・ハードがジョニー・デップとの離婚申請時に出していた配偶者扶養料の請求を取り下げた。

アンバーは先月に離婚を申請した際、離婚が成立するまでの間に配偶者扶養料として月5万ドルの支払いを請求していたが、ジョニー側がこの事実を「真の問題である家庭内暴力から、世間の目をそらせるために利用しようとしている」として、請求を取り下げた。

配偶者扶養料については16日(現地時間)に予定されている審問で扱われることになっていた。アンバー側は、ジョニーは昨年3,000万ドルを稼いでいるので、アンバーは毎月約100万ドルを要求することができるとしていたが、アンバーの弁護士は、彼女が一時的に扶養料を求めたのは、それが離婚する場合の常識だと思っていたからだと話している。

アンバーの弁護士は13日(現地時間)には、ジョニーがアンバーに対する接近禁止命令に違反したとして警察に通報もしている。ジョニーはアンバーと夫妻の自宅から100ヤード(約91メートル)以内に近づくことを禁じられているが、ジョニー側の人間が自宅に服や荷物を取りに来たことから、通報したという。当時アンバーは不在で、ジョニーも国外に滞在中だった。
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top