長瀬智也、“転生”するならクドカン!

最新ニュース

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』初日舞台挨拶
  • 『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』初日舞台挨拶
  • 神木隆之介『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』初日舞台挨拶
  • 森川葵『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』初日舞台挨拶
  • 清野菜名『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』初日舞台挨拶
  • 皆川猿時、桐谷健太、尾野真千子『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』初日舞台挨拶
地獄が舞台のロックコメディ『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』の初日舞台挨拶が6月25日(土)、都内で行われ、長瀬智也、神木隆之介、尾野真千子、森川葵、桐谷健太、清野菜名、古舘寛治、皆川猿時、宮藤官九郎監督が出席した。

修学旅行中の事故で地獄に落ちた高校生が、地獄農業高校の軽音楽部顧問でロックバンド・地獄図(ヘルズ)を率いる赤鬼キラーKからギターの猛特訓を受け、現世への転生に挑む。公開延期を乗り越えた全国封切りだけに、長瀬さんは「ようやく見てもらえることが、非常にうれしいです。こんな作品は見たことがないし、これからも出会えない」と感無量の面持ちだった。

「誰が一番の鬼か?」をテーマに会話が進んだこの日の舞台挨拶。桐谷さんは「やっぱり神木くんかな。みんなでケータリングのカレーを食べていたら、ご飯は普通盛りなのに、ルーがティースプーン1杯分なんですよ(笑)。これは鬼だなと。もう、神木ルー之介に名前、変えたら?」といじり倒し。神木さんが「鬼はやっぱり健兄ぃ(桐谷さん)ですね。とにかくアドリブが多い」と反撃すると、「いや、それはちゃんと(アドリブに)応えてくれるから。本当、ルーのおかげです!」と“口撃”の手を緩めなかった。

長瀬さんも「僕も隆(神木さん)かな。地獄の拷問を受けて、縛ったり吊るされたりしているのに『いや、大丈夫です』って。まさか快感を覚えていた?」とこちらも神木さんいじり。誰からも愛されるいじられキャラの神木さんが、本領を発揮していた。

また、映画が描く“転生”に話題が及ぶと、長瀬さんは「やっぱ、クドカンさんになりたいです」。そのこころは「かれこれ15~6年、お仕事をご一緒しているので、自分が知らない自分を知っていそうだから」だといい、「いつか俳優同士として、共演もしたい」と再タッグに意欲を燃やした。

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』は全国ロードショー中
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top