菅田将暉の人生を変えたきっかけとは?「いまだに頭が上がらない師匠的な人」

最新ニュース

「1UP」新CMより
  • 「1UP」新CMより
  • 「1UP」新CMより
  • 「1UP」新CMより
  • 「1UP」新CMより
  • 「1UP」新CMより
  • 「1UP」新CMより
  • 「1UP」新CMより
  • 「1UP」新CMより
住友生命保険のCM「1UP」の新CMに、俳優の菅田将暉と女優の吉田羊、「ジャングルポケット」斉藤慎二が出演している。

これまで俳優・瑛太が演じてきた「上田一」に加え、今回新たに菅田さん演じるマイペースな若手会社員「上野一」が登場し、今後はWキャストで一歩前に踏み出す姿を描いていく。

このほど放送されている新CMは、今回デビューとなる上野一が、斉藤さん演じる勤務先同僚Sの付き添いで、吉田羊演じる住友生命ライフデザイナーYから保険の話を聞きに行き、その話を聞いている途中、母親からかかってきた電話に、これまでの「ママ」ではなく「お袋」と呼び、何かが1UPする瞬間を描いたCM第6弾だ。また、この3人のやりとりを見守る、岡野陽一演じる喫茶店店員“O”も新CMに登場する。

撮影を終えた菅田さんは「ずっと岡野さんが僕の足を踏むんですよ。コーヒーを運んでくださるときに」と裏話を始める。続けて「僕は最初の1回目はああ仕方ないな、というか別に怒るんでもなんでもなく、ああ踏んだな、くらいなんですけど。2回3回とずっと踏むから(笑) その真意は分からないです(笑)」と撮影でのエピソードを披露した。

また今回のCMにちなんで、誰かとの出会いで一歩進めた・変わったというきっかけについて問われると菅田さんは、デビューして3、4年で出会ったという青山真治監督と甲斐プロデューサーを挙げた。「そもそも標準語を喋れなかったりだとかっていう。上京してひとりでよく分からず」「そんな中、俳優という職はこういうことだ、みたいなものを教えてもらった現場だったんですけど。いまだに頭が上がらない師匠的な人ですね」とふり返った。また吉田さんも「中井貴一さんと三谷幸喜さんは大きいかなと思いますね。朝ドラでこの役誰も注視しないよっていう小さい役を中井さんがご覧になって『君は誰だ』、ってご連絡くださって。そこから結構業界の中でご縁が拡がっていったなっていうのは感じてますね」と語った。

そして斉藤さんは前職の営業マンだった時代に、“あなた面白いから”と吉本興業へを勧められたという上司を挙げる。「お笑いには元々興味はなかったんですけど。元々その人が芸能プロダクションの社長をやってて、そっから転職して僕の営業先の上司でたまたま」と現在までの経緯を明かした。

さらに、いまと別の職業に就くとしたら? というテーマには、菅田さんと斉藤さんは“教師”だと話す。「高2のときに上京しているんですけど、それまで数学しか出来なかったんです。数学が好きで。数学だけが好き、取り柄というか。それで、なんとなーく親友のやつと一緒に教師目指そうかって」と当時をふり返っていた。一方吉田さんは「私いまだに思ってるんですけど、もう辞めたらすぐにやりたいと思ってるのが花屋です。お花大好きなので」「許されるならすぐにでもなりたいです」と熱く語っていた。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top