タカトシ、ブロードウェイ・レジェンドの熱烈勧誘に「綾部に任せます」

最新ニュース

ヒントン・バトル・ダンス・アカデミー(HBDA)開講発表記者会見
  • ヒントン・バトル・ダンス・アカデミー(HBDA)開講発表記者会見
  • ヒントン・バトル・ダンス・アカデミー(HBDA)開講発表記者会見
  • ヒントン・バトル・ダンス・アカデミー(HBDA)開講発表記者会見
  • ヒントン・バトル・ダンス・アカデミー(HBDA)開講発表記者会見
  • ヒントン・バトル・ダンス・アカデミー(HBDA)開講発表記者会見
  • ヒントン・バトル・ダンス・アカデミー(HBDA)開講発表記者会見
  • ヒントン・バトル・ダンス・アカデミー(HBDA)開講発表記者会見
“ブロードウェイ・レジェンド”ヒントン・バトルがプロデュースする世界的なダンサー育成アカデミー「ヒントン・バトル・ダンス・アカデミー(HBDA)」の開講発表記者会見が、10月18日(火)ルミネtheよしもとにて行われた。

本アカデミーは、演劇やミュージカル界において世界最高峰の栄誉とされるトニー賞を3度受賞し(「ソフィスティケイテッド・レディ」「タップ・ダンス・ キッド」「ミス・サイゴン」)、ダンサー・シンガー・役者として活躍するヒントン氏と吉本興業がタッグを組み、真に独創的で表現力豊かなダンサーの発掘、育成を行うというもの。

開校を心待ちにしているというヒントン氏は、第1期生オーディションに向け、「最も重要なのことはダンスに対する愛情。ダンスがなければ生きることができないいという魂の叫びが聞こえるようなダンサーを求めています」と呼びかけ。そして、競争率の高いブロードウェイで成功するためには「やる気や心意気も大切ですが、何よりも重要なのはあきらめない心。オーディションに落ちたとしても、なぜ受からなかったのかをしっかり分析して修正していくことが大切。HBDAでは、あきらめない気持ちをテクニックと合わせて教えていきたい」と育成への意欲を語った。

また、MCとして登場した「タカアンドトシ」のトシは「もう40歳だから(ダンスは)見るだけでいい」と話すもヒントン氏は「やらなきゃ! いまがダンス始めるのにいい歳! カモン!」と熱烈に勧誘! しかし「綾部に任せます」と来年4月から活動拠点をニューヨークに移し海外進出を目指す「ピース」綾部を引き合いに出し答えていた。

会見では、講師を務めるプリンストン・ダッカー三世(バレエ)、ディオン・フィギンス(モダン)、ドミーシャ・サンブリィ=エドワーズ(タップ)によるダンスパフォーマンスも披露。彼らはヒントン氏のアカデミーで講師を務めることができる喜びを話し、また11年に渡りマイケル・ジャクソンの専属タップ講師を務めたドミーシャ氏は、「完璧主義者という言葉では足らないほどの完璧主義者。MVでのタップのステップを教えるだけでなく、全てを学びたいということでイチから教えました」とマイケルとの思い出も明かしていた。

なお、本会見を皮切りに年末まで生徒募集を実施することも発表。来年1月~2月にかけ、全国6都市で行われるオーディションを通過したダンサーには、世界で活躍するためのプログラムが最大3年間無償で受けられるようだ。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top