【インタビュー】『何者』豪華キャスト6人が語る「職業:役者」を実感した瞬間

最新ニュース

岡田将生&二階堂ふみ&佐藤健&有村架純&菅田将暉&山田孝之『何者』/photo:Nahoko Suzuki
  • 岡田将生&二階堂ふみ&佐藤健&有村架純&菅田将暉&山田孝之『何者』/photo:Nahoko Suzuki
  • 『何者』(C)2016映画「何者」製作委員会
  • 佐藤健&有村架純&菅田将暉『何者』/photo:Nahoko Suzuki
  • 『何者』(C)2016映画「何者」製作委員会
  • 岡田将生&二階堂ふみ&山田孝之『何者』/photo:Nahoko Suzuki
  • 『何者』(C)2016映画「何者」製作委員会
  • 『何者』(C)2016映画「何者」製作委員会
  • 岡田将生&二階堂ふみ&佐藤健&有村架純&菅田将暉&山田孝之『何者』/photo:Nahoko Suzuki
朝井リョウの直木賞受賞作を映画化した『何者』(三浦大輔監督)が公開中だ。就職活動を通し自分が「何者」かを模索する5人の大学生を描く話題作。リアルな就活事情やSNSに翻ろうされる若者たちを“観察”した、新感覚の青春群像劇に共感と驚きの声があがっている。

主演の佐藤健をはじめ、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之という人気、実力を兼ね備えた超豪華キャストが顔を揃えている点も大きな見どころ。劇中の登場人物がそうであったように、彼らもまた、かつては自身の夢や将来を見据えた“何者”であり、いまは役者としてその本領をいかんなく発揮している。あえて「役者という職業に就職した」という視点から、勢ぞろいした6人に「自分が役者だと実感する瞬間」を聞いた。

佐藤健【冷静分析系男子@二宮拓人】
デビューしたての頃は、いまみたいに役者としてやっていける自信はなかったですね。だから、実感する瞬間というよりは、徐々に仕事を重ねることで、あるとき「あっ、自分は役者になったんだな」と。年齢でいうと19歳ぐらいです。ちょうど「仮面ライダー電王」の頃ですね。気づいたら、とても忙しくなっていて、毎日現場に行き、一生懸命に芝居をする。その繰り返しをふり返る中で、『何者』風に言えば、役者という職業に就職したのかもしれません。

有村架純【地道素直系女子@田名部瑞月】
私自身は、「自分が女優」だとか、「女優になった」という風にあまり考えないで日々を過ごしているので、「役者だと実感する」という瞬間は意識していません。ただ、強いて言えば、17歳のときに事務所に入った瞬間ですね。文字通り、自分を取り巻く世界が180度変わりましたし、いまの私にとって、とても大きな出来事だったことに間違いはありません。

二階堂ふみ【意識高い系女子@小早川理香】
小さな頃から映画が大好きだったので、初めての映画(役所広司の初メガホン作『ガマの油』)で撮影現場に一歩足を踏み入れた瞬間の“アガった”感覚は、13歳だった私にとってとても鮮烈な瞬間でした。現場には私たち俳優部がいて、監督がいて、撮影部さんがいて、一緒に同じ作品を撮っている…。そんな風景を初めて目の当たりにして、学ぶことが多かったです。その仲間入りができた、という気持ちはいまも覚えていますね。

菅田将暉【天真爛漫系男子@神谷光太郎】
僕の場合、芸名が「菅田将暉」に決まったときです。当時16歳くらいですし、戸籍上の名前とはまったく違う、記号的ともいえる新しい名前で、世の中に出るわけですから、自分自身が「何者?」っていう(笑)。それがだんだん気にならなくなって、自分も役者なんだなって。ただ、共演する皆さんから「菅田くん」「将暉」って呼ばれると、いまも若干違和感はあります。

岡田将生【空想クリエイター系男子@宮本隆良】
この仕事をずっと続けていこうと心に決めたのは、20歳になる前に当時通っていた大学を辞めたときですね。具体的なきっかけというよりは、いろんな現場でお芝居と向き合いながら、自然と役者への思いが強くなっていきました。

山田孝之【達観先輩系男子@サワ先輩】
こういう仕事をしていると、ときにはファンの皆さんやお客様から批判的な意見をもらうこともありますよね。すると、やっぱり悔しい思いをするんですよ。その瞬間、自分はプロの俳優なんだなと実感しますね。こういう感覚は、役者を続けていく以上、常につきまとうもの。自分のもとに届く声にどう向き合うか? さっき言った悔しさも含めて、受け止めるようにしています。
《text:Ryo Uchida/photo:Nahoko Suzuki》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top