【3時のおやつ】お菓子の家など、ユーモア溢れるパレスホテル東京のクリスマスケーキ

最新ニュース

パレスホテル東京 「ヘクセンハウス」
  • パレスホテル東京 「ヘクセンハウス」
  • パレスホテル東京 「サバン・ド・ノエル」
  • パレスホテル東京 「ブッシュ・オペラ」
  • パレスホテル東京 「ブランシュール」
  • パレスホテル東京 「ボノム・ド・ネージュ」
  • パレスホテル東京 クリスマスブレッド各種
東京・丸の内の「パレスホテル東京」はペストリーショップ「スイーツ&デリ(Sweets&Deli)」で12月20日(火)~12月25日(日)までクリスマスケーキを8種類、限定販売する(予約受付開始は、10月1日よりスタート)。またクリスマスブレッドは、12月1日(木)~12月25日(日)の期間限定販売となる。

今年はクリスマスが週末であることから、ホームパーティーにもぴったりなユーモアあふれる遊び心満載のクリスマスケーキがラインナップして、子どもから大人まで、楽しいクリスマスを演出してくれる。

ジンジャーブレッドでできた「ヘクセンハウス」は、屋根の煙突からサンタクロースの足がのぞいている。家の中からは、濃厚なチョコレートとオレンジクリームのケーキが登場。食べてしまうのがもったいなくなりそうな可愛いお菓子の家は、記念写真映えすること間違いなしだ。限定10台、価格は32,400円。

クリスマスツリーを象った「サパン・ド・ノエル」(10,800円)は、軽やかな口当たりのスフレフロマージュに、ころんとしたショコラと色鮮やかなベリーを重ねたケーキ。高さ30cmにもなり、女子会や大人のパーティをモダンに彩るお洒落なケーキに仕上がっている。

ブラウニーケーキの上にカラフルなカップケーキのミニツリーを飾り付け、中央にはユーモラスな表情を浮かべたスノーマンを配した「ボノム・ド・ネージュ」は、大勢の人が集まる賑やかなパーティにぴったり。スノーマンの中には、一粒ずつ丁寧に仕上げたボンボンショコラが入っている。限定10台、価格は32,400円。

そのほか、フランスの伝統菓子のオペラをモダンにアレンジして、カカオの風味豊かなチョコレートで繊細な切り株を表現した「ブッシュ・オペラ」(14,040円)や、キャラメル風味のパイナップルジュレとココナッツムースがなめらかな食感と爽やかな風味を楽しめる純白のケーキ「ブランシュール」(5,400円)、パレスホテル伝統のマロンシャンティイを雪山のイメージにしてクリスマス限定バージョンにした「モンブラン」(6,480円)など、モダンでクリエイティビティ溢れるデザインのケーキも多数登場。

クリスマスブレッドには、定番シュトーレンのほか、渋皮栗や数種類の豆を入れ、きな粉と柚子の香りで仕上げた「ボーネン・シュトーレン」(2,484円)や、うぐいすきな粉で若草色に仕上げた加賀ほうじ茶の風味豊かな「加賀ほうじ茶のシュトーレン」(2,484円)などユニークな和風のシュトーレンが登場しているので、チェックしてみては。

また、フランスの子ども服ブランド「ボンポワン」とコラボレーションしたクリスマスハンパー2種が登場。ボンポワンの花柄のバッグやうさぎのぬいぐるみ、ユーモアあふれるパーティ用のマスクやハットが、パレスホテル東京の特製クリスマススイーツと一緒になったクリスマスハンパーは、クリスマスギフトにぴったり。現在、好評につき既に限定数を完売しているが、11月1日(火)より追加販売の予約受付が開始される。詳細はパレスホテル東京の公式ホームページにて確認できる。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top