【特別映像】クリストファー・プラマー、ピアノの演奏&美しい歌声を披露! 『手紙は憶えている』

映画

『手紙は憶えている』(C)2014, Remember Productions Inc.
  • 『手紙は憶えている』(C)2014, Remember Productions Inc.
  • 『手紙は憶えている』 (C)2014, Remember Productions Inc.
  • 『手紙は憶えている』 (C)2014, Remember Productions Inc.
  • 『手紙は憶えている』 (C)2014, Remember Productions Inc.
  • 『手紙は憶えている』ポスタービジュアル (C)2014, Remember Productions Inc.
「第72回ヴェネチア国際映画祭」に正式出品された『手紙は憶えている』。この度、主演のクリストファー・プラマーが自らピアノの演奏をする本編映像が到着した。

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか? ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい――」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、いまも生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった…。

監督を務めるのは『スウィート ヒアアフター』や『白い沈黙』のほか、数々の映画賞に輝いてきた名匠アトム・エゴヤン。90歳の主人公ゼヴ役には、『人生はビギナーズ』で史上最高齢でのアカデミー賞助演男優賞に輝いたクリストファー。さらに、同じくオスカー俳優のマーティン・ランドーやブルーノ・ガンツ、ヘンリー・ツェニーら名優たちが集結している。

このほど到着したのは、クリストファーが歌を口ずさみながらピアノを演奏するシーン。70年前に愛する家族を殺したナチスの兵士“ルディ・コランダー”に復讐するため、手紙の指示に従いある病院を訪れたゼヴ。そこで物思いに耽り座っていると、どこからかピアノの音色が。音を頼りに歩き、礼拝室へと辿りつくと、そこにいた女性の勧めで久しぶりにピアノを演奏してみることに。静かな部屋に美しい歌声とピアノの音色が響き渡る映像となっている。


実は、もともとピアニストを目指していたクリストファー。このシーンでは自らピアノの演奏に挑んでおり、誰もが知る名作『サウンド・オブ・ミュージック』から約50年、ギターを弾き語りしていたトラップ大佐だったクリストファーの音楽の才能は未だに衰えていない。本作では今回の映像以外でも、彼の素晴らしいピアノ腕前を聞ける場面も登場するということで、名優たちの演技はもちろん、クリストファーの美しい歌声とピアノ演奏も堪能して欲しい。

『手紙は憶えている』は10月28日(金)TOHOシネマズシャンテほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top