キャサリン妃の妹ピッパ・ミドルトン、結婚式は2017年5月に決定!

最新ニュース

キャサリン妃の妹・ピッパ・ミドルトンの結婚式が2017年5月に行われるという。ブライズメイドの1人が「People」誌に明かした。

半年後に式を控え、すでにピッパはさまざまな計画に着手しており、結婚式をとても楽しみにしているとのこと。今年7月17日、イギリスの湖水地方で恋人で投資会社CEOのジェームズ・マシューズさんからプロポーズを受けたピッパ。現在、左手の薬指に輝く婚約指輪は、ジェームズさんが自らデザインしたこだわりのもので、キャサリン妃御用達のジュエリーブランド「ロビンソン・ペラム」が製作したと言われている。「彼がピッパに渡す婚約指輪は、既製品ではなく特別なものが必要だったのよ」と友人は語る。「彼女が小柄なせいもあって、余計に大きく見えるのよ!」と友人が驚くほど、指輪のダイアモンドは大きく、爪よりもはるかに巨大だ。お値段は2,500万円は下らないとか…。

結婚式の準備に追われながらも、2人はロンドンでサイクリングをしたり、犬を散歩させたりとごく普通のカップルと同じ生活を送っているそうだ。とは言え、ピッパはキャサリン妃の妹であり、ジェームズさんはウィリアム王子やヘンリー王子と同じ名門イートン・カレッジを卒業し、投資会社を経営し、自家用飛行機を所有する大富豪。結婚後も注目を集めるのは間違いないだろう。
《Hiromi Kaku》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top