大倉士門、役柄そのままのムードメーカーぶりを舞台挨拶でも発揮!

最新ニュース

映画『イタズラなKiss THE MOVIE~ハイスクール編』が開催中の東京国際映画祭にて上映され、主演の佐藤寛太(劇団 EXILE)をはじめ、美沙玲奈、山口乃々華(E-girls)、大倉士門、灯敦生、溝口稔監督が舞台挨拶に登壇した。

累計発行部数3,500万部を誇り、原作者の多田かおるが亡くなったいまもなお、女子のバイブルとして絶大な人気を誇る「イタキス」の初の映画化作品。突然、同居生活を始めることになったヒロイン・琴子と頭脳明晰でスポーツ万能のイケメン・入江直樹の恋模様を描き出す。

佐藤さんらは役柄の衣裳の制服姿で登壇! 髪形も役そのままで、大倉さんは昔なつかしい不良リーゼント、山口さんはポニーテールで会場をわかせる。佐藤さんは「『イタキス』という世界的に有名な作品の映画のスタートの場として、東京国際映画祭で上映できて光栄です」とやや緊張した面持ちで挨拶。本作はPart1の『ハイスクール編』であり、続いてPart2の『キャンパス編』も公開の予定だが、佐藤さんは「みんな、成長していくので、僕ら俳優陣の成長とも重ねて見ていただけたら」と呼びかけた。

キャスト陣は、劇中さながら、和気あいあいとしたムード。自他共に認める“ムードメーカー”の大倉さんは「僕と(演じた)金之助がメチャメチャそっくり! 初めての映画で、(出身地の)関西弁での演技も初めてだったんですけど、現場もプライベートも金之助として楽しみました」と語り、この日もほかのメンバーの発言にビシバシと茶々を入れていく。

美沙さんが、いつもは右隣りが“定位置”の直樹(=入江さん)が今日は反対側にいるのが落ち着かないのか、チラチラと右側の大倉さんを見ながら、琴子について話し始めると、大倉さんはすかさず「おれの方見て言わんでいいから(笑)! 口説いてるみたいに見えるやん!」とツッコミ、これにはほかのキャストから「いや、別にそうは見えないでしょ!」と逆ツッコミが入り、会場は笑いに包まれていた。

英語通訳入りの国際映画祭での舞台挨拶ということで、限られた短い時間の舞台挨拶だったが、この日、進行を気にせず、最も熱く長く話し続けたのは、佐藤さんでも美沙さんでも、ムードメーカーの大倉さんでもなく、なぜか溝口監督。自身と多田さんの作品の深い関わりから映画の成り立ち、さらにはキャストひとりひとりの魅力や現場での様子などについて、時間をオーバーして長々と熱弁を繰り広げ、これにはキャスト陣も感激しつつ「長い…(苦笑)」「通訳さんが大変…」と苦笑を浮かべていた。

『イタズラなKiss THE MOVIE~ハイスクール編』は11月25日(金)よりTOHOシネマズ新宿ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top