『フィフティ・シェイズ・ダーカー』、R17指定に

最新ニュース

ジェイミー・ドーナン&ダコタ・ジョンソン-(C)Getty Images
  • ジェイミー・ドーナン&ダコタ・ジョンソン-(C)Getty Images
  • ジェイミー・ドーナン&ダコタ・ジョンソン-(C)Getty Images
  • ダコタ・ジョンソン-(C)Getty Images
  • ジェイミー・ドーナン&ダコタ・ジョンソン-(C)Getty Images
  • ダコタ・ジョンソン&ジェイミー・ドーナン-(C)Getty Images
  • ジェイミー・ドーナン&ダコタ・ジョンソン
『Fifty Shades Darker』(原題)はR17指定の作品になるようだ。

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の続編である同作品はダコタ・ジョンソンがアナスタシア・スティール、ジェイミー・ドーナンがクリスチャン・グレイを演じる過激な性描写を含む作品となっているため、アメリカ映画協会はこの年齢制限を設けることにしたという。

アメリカ映画協会は「過激な性描写、きわどいヌードや言葉」などが含まれる同作品は17歳以下の視聴者にふさわしくないと声明文を発表している。第1弾が公開された際にもアメリカではR17指定となっていた。

海外で2017年2月10日公開予定となっている『Fifty Shades Darker』(原題)には、ダコタとジェイミー以外にクリスチャンの妹ミア・グレイを演じたリタ・オラ、ルーク・グライムス、エロイーズ・マンフォードらも再び登場する。

全世界で興行収入5億7,100万ドル(約606億8,000万円)をあげた前作の監督、サム・テイラー・ジョンソンが降板を決めた後、ジェームズ・フォーリーが監督役を引き継いでおり、フォーリー監督は第2弾のみならず第3弾で最終章となる2018年公開予定の『Fifty Shades Freed』(原題)の監督も務めることになっている。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top