イェソン、昭和の名曲熱唱の裏で照れまくり!『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした』

映画

『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした』カラオケ・メイキング (C)2016「いきなり先生」製作委員会
  • 『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした』カラオケ・メイキング (C)2016「いきなり先生」製作委員会
  • 『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした』(C)2016「いきなり先生」製作委員会
  • 『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした』メイキング (C)2016「いきなり先生」製作委員会
  • 『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした』(C)2016「いきなり先生」製作委員会
アジアNo.1マルチエンタテインメントグループ「SUPER JUNIOR」のリード・ヴォーカル、イェソンと、「THE LAST COP/ラストコップ」など女優、モデルとしても一層活躍している佐々木希が初共演を果たしたロマンティック・ラブストーリー『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした』。このほど、イェソンの劇中シーンの中でも、ファンの間で「必見!」と話題を呼んでいるカラオケシーンのメイキング映像がシネマカフェにて解禁となった。

本作は、恋人にフラれ、仕事も失い、韓国語の先生になったヨンウン(イェソン)と、韓国語をマスターしなければ、旅行会社をクビになるシングルマザーのさくら(佐々木希)。の2人が、韓国語学校で出会うことから始まるロマンティック・ストーリー。ヨンウンを演じたイェソンは、映画初主演、しかも日本語での演技に初めて挑戦し、朝原雄三監督からは「あまたいる日本の若手イケメン俳優とは、ひと味違う魅力がある」と絶賛されるほど。アーティストのときとはまた違う、俳優として見せるさまざまな表情が話題を呼んでいる。

そんな中、ひょんなことから昭和の名曲、ジュリーこと沢田研二の「勝手にしやがれ」をカラオケで熱唱することになったシーンに臨むイェソンのメイキング映像が到着。

撮影現場で朝原監督から演出プランについて説明を受ける中で、「勝手にしやがれ」で歌いながら手を振る、あの独特の振り付けになぜか戸惑いをみせるイェソン。その振りに照れまくりながらも挑戦するイェソンからは、素の表情を垣間見ることができる。「これまでステージで一度もやったことのない、照れくさいことばかりですが、挑戦しなければ」と振りを練習し、撮影に臨む姿は一見の価値あり。実際、本作で歌うことになるまで知らなかったという「勝手にしやがれ」を、日本語でどう熱唱しているかは、ぜひ劇場で確かめてみてほしい。


また、劇場では、本編上映後にイェソン演じるヨンウン先生と佐々木さん演じるさくらによる「“今日から使える”いきなりハングル講座」を期間限定で特別上映中。週替わりの内容で、こちらも笑いあり、胸キュンあり、本編とは違った2人の魅力満載のレッスンとなっている。

『いきなり先生になったボクが彼女に恋をした」は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top