ボブ・ディラン、ノーベル賞授賞式だけでなくオバマ大統領との謁見も欠席

最新ニュース

ボブ・ディラン-(C)Getty Images
  • ボブ・ディラン-(C)Getty Images
  • ボブ・ディラン&バラク・オバマ米大統領-(C)Getty Images
  • ボブ・ディラン-(C)Getty Images
  • ボブ・ディラン-(C)Getty Images
  • ボブ・ディラン-(C)Getty Images
  • 米オバマ大統領-(C)Getty Images
  • バラク・オバマ米大統領-(C)Getty Images
  • ボブ・ディラン-(C)Getty Images
今月10日にストックホルムで開催されるノーベル賞授賞式を目前に、水曜日(現地時間)、オバマ大統領がアメリカのノーベル受賞者をホワイトハウスに招待した。

出席者の顔ぶれは、物理学賞を受賞したダンカン・ホールデン、ジョン・M・コステリッツ、経済学賞受賞のオリヴァー・ハート、化学賞受賞のフレイザー・ストッダートの4人のみ。文学賞を受賞したボブ・ディランの姿はなかった。

「The Hill」紙によると、ホワイトハウスのスポークスマン・ジョン・アーネストが、「みなさんが気にかけていることだとは思いますが、残念ながら今日、ボブ・ディランは来ません。だからリラックスできますよ」と報道陣に告げたという。

ボブの欠席の理由が語られることがなかったが、「彼とオバマ大統領は以前に対面したことがあり、オバマ大統領は楽しい時間を過ごしました」と過去について触れたそうだ。

確かにボブは2012年にオバマ大統領から「大統領自由勲章」を授与された際に対面を果たしている。オバマ大統領はボブが文学賞を受賞することが報道されたとき、おめでとうツイートをしたほどのボブのファンとして有名だ。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top